トレンドワード ニュース ビジネス

ユニクロ賃上げの余波 賃金格差は。別の世界に感じる話し。

2023年1月23日

ユニクロ賃上げの余波 賃金格差は
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 経済 ユニクロ賃上げの余波 賃金格差は

ユニクロ賃上げの余波 賃金格差は

面白い観点だったのは、たとえば海外法人で採用されて、日本に異動する場合だ。そのとき、日本の賃金テーブルがあまりに低いと日本にやってくるモチベーションもない。優秀な人材を呼ぶ点でも報酬アップは意味があるという。

物価の急騰が問題になる前から、「日本の賃金が伸び悩んでいる」という話をよく耳にしました。実情はどうなっているのか、みておきましょう。

しかし、景気が低迷する中でも、大企業は現預金や内部留保(利益剰余金)を着実に積み増してきた事実があります。内閣官房「新しい資本主義実現本部事務局」の「賃金・人的資本に関するデータ集」によれば、2000年度から2020年度にかけて、大企業(資本金10億円以上)の「現預金」は85.1%の増加(+41.6兆円)、「経常利益」は91.1%の増加(+17.7兆円)、「配当」は483.4%の増加(+16.8兆円)、「内部留保」は175.2%の増加(+154.1兆円)となっています。一方で、人件費は0.4%の減少(▲0.2兆円)でした。

経済同友会の資料によると、日本の一般労働者の賃金は、2021年度から21年度の20年間でわずか0.52%増と、ほとんど横ばいでした。これも他国と比較すると、1990年からの30年間で、日本の平均賃金の伸びは7%。同じ時期に、アメリカは48%、お隣韓国にいたっては94%の伸長をみせました。

ユニクロへの新入社員は18%増、入社1~2年後は34%増の賃上げが見られます。 昨年のアルバイト、パートの時給平均2割引き上げに続く、従業員の賃上げになります。

改定の対象は、本社やユニクロなどに勤務する国内の社員約8400人。新入社員の初任給は現在の25万5000円から30万円に、入社1年目から2年目で就任する新人の店長は月収29万円から39万円にそれぞれ引き上げる。そのほかの従業員の年収も数%から約40%の範囲でアップする。

ユニクロ末端販売員の時給も4割上がるなら本物だと思うけど。上級国民職だけなのでは???

 参照:ファーストリテイリング 採用情報 ユニクロのサステナビリティ領域リーダー候補では年収レンジは960-2,000万円と最も高い職種でした。

日本経済団体連合会(経団連)の十倉雅和会長は、2023年年頭の記者会見で、記録的な物価高を踏まえ、今年の春闘では、加盟企業がベースアップを中心とした賃金引き上げに取り組むことが望ましい、という考えを強調しました。一方、ファーストリテイリングが最高で40%という年収の引き上げを発表して、経済界に衝撃を与えています。今春闘で、物価高に打ち勝つ賃上げは、果たして可能なのでしょうか? 春闘の持つ意味などを含めて解説します。

参照 :ファーストリテイリング 有価証券報告書 :国税庁 民間給与実態統計調査 dodaのデータとファーストリテイリングの平均年収より、ユニクロの年代別の年収を算出すると以上のようになりました。 ユニクロの有価証券報告書はないため、親会社であるファーストリテイリングの有価証券報告書を参考にしています。 ファーストリテイリングの2021年8月の有価証券報告書によると、平均年収は約959万円となりました。 国税庁の調査によると、資本金が10億円以上ある国内企業の平均年収は約615万円です。 ファーストリテイリングは資本金が10億円以上あるため、ファーストリテイリングの平均年収は国内の平均の約1.55倍あります。 このことから、ファーストリテイリングの平均年収は、平均よりも高い水準にあることがわかります。 更に、ファーストリテイリングの平均年収は、2016年以降から増加し続けています。 また、従業員数も増加しているため、企業成長を続けていると言えます。 一方、平均勤続年数が4.6年と低めのため、働きやすい環境が整っていない可能性があります。

ただ、今回の賃上げは、社員の生活防衛というよりも、海外との賃金格差を是正し、優秀な人材をグローバルに獲得するのが主な狙いだとされています。ベアではなく、昇給の有無や幅は、成績次第ということです。

ここでは、ユニクロの年収を競合他社と比較して以下の順番でご紹介します。

ユニクロはアパレル業界において日本では最大手といっても過言はないと思うのですが、実際の正社員の年収は十分もらえているんですか? アパレルといえば、僕のイメージだと販売員だとあまり収入はよくないのかな?という勝手なイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?

日本人の平均給与は2021年で443万円だ。これはずっと上がらないといわれてきた。正確には、賃上げは微小になされているのだが、物価の値上がりで実質賃金は下がっている。厚生労働省が1月6日に発表した2022年11月の毎月勤労統計調査(速報)では実質賃金は前年比3.8%下落となり、8カ月連続のマイナス。それだけではなく、2014年5月以来の大幅なマイナスであり、物価の上昇ペースに賃金の上昇がまるで追いついていない。

そうした中、「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが、今年3月から国内のおよそ8,400人の従業員の年収を平均15%、職種によって最大4割引き上げると発表し、世間を驚かせました。新入社員の初任給は月25万5000円から30万円に、入社1年目から2年目で就任する新人の店長は月29万円から39万円に引き上げるそうです。同社は、昨年9月には、店舗で働くパートやアルバイトの時給も、平均で2割引き上げていて、一連の取り組みで、国内の人件費は15%程度増える見込みです。

ネットユーザーの反応

@yosiokamamoru
ユニクロ賃上げの余波 賃金格差は 8c3b . 続きはプロフのリンクから
情報屋さん
夕方のニュースです。 企業 コストの価格上乗せまだ4割 東電が3割値上げ申請 6月以降料金 広範囲で大雪 交通への影響予測 春闘 労使が賃上げ「協調」で一致 ユニクロ賃上げの余波 賃金格差は 「ほぼカニ」本物超えへの挑戦 「ひとりディズニー」やってみた
金柑
俺が20歳の時(15年前)にユニクロでの正社員の話があり、諸々の資料を提示されたがビックリするくらい当時から給料が高かったから、更にあげるってのは破格 ユニクロ賃上げの余波 賃金格差は

-トレンドワード, ニュース, ビジネス
-