Switch アプリ 趣味

SwitchのソフトをDB Installerでダンプする方法

お持ちのカートリッジを「キレイ」に「大事」に保存しておきたい方もいることでしょう。

けど、ゲームはやりたいことでしょう。

そんな方は、ゲームカートリッジの中身(ROM)をダンプして、

ゲームはするけど、カートリッジは大事に保存する体制をとりましょう。

事前に準備するもの

必要になるアイテムを準備します。

CFWを導入したSwitch

アプリを利用してダンプします。

ですので、CFWを導入したSwitchの力を借りなければいけません。

CFWの導入方法はこちら/st-minihukidashi]
Switch(15.0.1)にCFW(Atmosphere)を導入(Switch改造)する方法の解説 ~画像を交えてしっかり説明~

続きを見る

DB Installer

以下にアクセスして、DB Installer のインストール必要なファイルをダウンロードします。

2022年12月10日現在は、「11.03ver」が最新でした。

いくつかファイルが並んでいますが、ダウンロードするのは

① 上から1番目の dbi.config

② 上から2番目の DBI.nro

の、2つです。

ftpd classic

DB Installer のファイルデータをSDカードに転送するわけですが。

SDカードにデータを転送する際に、いちいちswitchからSDカードを抜きだすのはめんどくさいです。

写真データのやりとりや、.nroファイル等の小サイズデータのやりとりならワイヤレスでちゃちゃっとやるのがオススメです。

詳しい導入方法や使い方は以下参照

ftpd classicについては、こちら

パソコン(PC)とswitchをワイヤレス接続してファイル転送する方法 ~ftpd classicの使い方~

続きを見る

DB Installer を導入する

2つのファイルをSDカードへ

ftpd classic を使っても、SDカードをパソコンに挿す物理的な方法でも、

どちらでもかまいません。

やることは以下の通り。

  • SDカード内にある「Switch」フォルダを開く
  • その中に「DBI」の名称にした、フォルダを作成
  • 先ほど、ダウンロードした2つのファイルをこのフォルダ内にコピーします

DB Installer を操作する

ゲームカートリッジを用意する

Switchに、ダンプしたいゲームカートリッジを挿します。

これをやっておかないと、

DB Installer を起動しても、ダンプのメニューが表示されません。

DB Installer を起動する

少し復習です。

hbmenuを起動する際に、2通りの起動方法があるのを覚えて(ご存知)いますか?

DB Installer は、起動方法の違いを、背景で示してくれます。

ここでは、「アプレットモードじゃないほう」で起動し、

背景が黒になるようにしましょう。

こっちは、間違い
こっちが正解

Install from Gamecard

メニューの上から3つ目にある、

「Install from Gamecard」

を、選択します。

青塗りのメニューを選択します。

インストール先や、作業中についての選択メニューが表示されます。

Install target

ささっているカートリッジデータの、インストール先を決定します。

「AUTO」は、SDカードに空き容量があれば、SDカードにインストールするようです。

SDカードに空きが無ければ、「NAND」 にインストールされます。

正確性重視で、「SD」を選択しましょう。

Turn off screen

ONにすると、カートリッジからのインストール中は、画面が消えます。

省エネ動作になるってことですね。

インストールが完了すると、自動的に画面は表示されます。

インストール開始

「Start Install」を選び、作業開始です。

最上部に、インストール中のソフト名が表示されます。

今回は、「Toy con 04」で実践しています。

作業中
作業完了

オールグリーンになりました。

「Press B to return」を選択すると、ホーム画面に戻ります。

カートリッジを抜いてみる

カートリッジを抜いてみます。

カートリッジからインストールした、タイトルソフトのアイコンが残っています。

起動してみます。

無事に、起動しました。

めでたしめでたし。

    -Switch, アプリ, 趣味
    -, , ,