CFW Switch 趣味

Switch(CFW)のEmunandを 14.1.2 から 15.0.0へアップデートする方法

2022年10月14日

現状、困っていることがないのならアップデートはしないでおきましょう。

更新の前に

SwitchにAtmosphereを導入して、Emunandにて運用している方用の記事です。

これから導入する方は、以下の記事を参考にして下さい。

CFWの導入方法

Switch(15.0.0)にCFW(Atmosphere)を導入(Switch改造)する方法の解説 ~画像を交えてしっかり説明~

続きを見る

本体のバージョンを15.0.0にアップデートする前の準備

事前準備として、OFWからProd.keysを抜き出さなければいけません。

ですので、先にOFWを15.0.0にアップデートしましょう。

ただし、ここで注意が必要です。

microSDカードに格納されている、現状のAtmosphereについてです。

これが、15.0.0に未対応状態だと、CFWが起動できなくなります。

なので、本体の更新と同時に、

必ず、microSD内の Attomosphereやらsigpatchやらhekateのバージョンを更新しましょう。

CFW導入時に記事でも述べましたが、

「Atmosphere」「HEKATE」「Sigpach」については、

本体バージョンを最新に更新するたびに対応バージョンへの更新が必要です。

なお、対応状況は以下の記事を参照ください。

SwitchのFWへの対応状況

Switch をCFWするために必要なファイルの更新・最新状況

続きを見る

Atmosphereを更新する

15.0.0に対応している、Atmosphereは以下よりダウンロード。

(2022.10.14日現在では、1.4.0でした。そして、「pre-release」と表記されています)

アクセスし、最上段のファイルをダウンロードします。

解凍して出てきたファイルをSDカードへコピーします。

解凍後のフォルダ内のファイルを、SDカードの同名フォルダ内へコピーです。

以前のファイルが入っていますが、上書きしてしまって大丈夫です。

すでに、FTPDアプリを導入していると、「SDカード抜き出さなくてもできんじゃん!」と思うのですが、

ファイルコピー時にエラーになります。

今回は油断していたら、Switchを更新してしまったので、SDカードに直接書き込みます。

SDカードを本体から抜き出して、ファイルをコピーしましょう。

hekateを更新する

15.0.0に対応している、hekateは以下よりダウンロード。(2022.10.14日現在では、v5.9.0 & Nyx v1.4.0でした)

アクセスし、最上段のファイルをダウンロードします。

解凍して出てきたファイルをSDカードへコピーします。

解凍後のフォルダ内のファイルを、SDカードの同名フォルダ内へコピーです。

以前のファイルが入っていますが、上書きしてしまって大丈夫です。

Sigpatchを更新する

15.0.0に対応している、sigpatchは以下よりダウンロード。(2022.10.14日現在では、2022.10.12verでした)

解凍後のフォルダ内のファイルを、SDカードの同名フォルダ内へコピーです。

以前のファイルが入っていますが、上書きしてしまって大丈夫です。

Lockpick_RCMの導入

SDカードをSwitchから抜き出してあるついでに、もう1つファイルを入れておきます。

これは後々の作業に必要になります。

OFWからFWファイルを抜き出すのに使用します。(2022.10.14日現在では、v1.9.8でした)

「Lockpick_RCM.bin」というファイルがダウンロードされます。

このファイルを SDカード へコピーします。

コピー先は、「 bootloader」フォルダ → 「payloads」フォルダ

本体のファームウェアを15.0.0にアップデート

これで、15.0.0にアップデートしても、atmosphereがきちんと起動するはず(ドキドキ)

ここで、ものすごく注意してください。

以下の方法を使うと、パソコン不要でラクチンですよ!

らくちんペイロード方法

Switchをパソコン無しで(使わずに)ペイロードして起動する ~RCMloaderの使い方~

続きを見る

絶対に、CFWの状態でアップデート(ネット接続)しないように!! BANされてしまうかもしれません。

アルバムを開いて、hbmが表示されたらCFW状態です。

必ずチェックするようにしましょう。

更新前。13.2.1で、末尾にEmunandを表す「E」がついています

アップデートの手順

Prod.keysを用意します

以下のページを参考に、「鍵」を抜き出します。

ちなみに・・・

用意する「prod.keys」 は、

吸い出す本体バージョンと同じか、

または、それ以上のバージョンの本体から吸い出さなければいけません。

つまりは、本体のVerをアップした場合、必ず必要な作業になります。

鍵抜き出しの、詳しい説明はこちら

Switchからの prod.keysを抜き出す方法(手順)の説明

続きを見る

Switchの、OFW(本体のファームウェア)を吸い出します

以下のページを参考に、emunandへインストールする本体のファームウェアを吸い出します。

ファームウェア吸い出しの詳しい説明はこちら

Switch本体から、OFWのファームウェアを吸い出す方法を説明します

続きを見る

カスタームテーマを外さないとアップデート後の再起動後、エラーが発生し起動しなくなることがありますので事前に外しましょう

Daybreakでアップデートする

アップデートしたいnandを起動(EmuNand)

アップデートしたいNANDで起動する。

設定 → 本体 で、バージョンとEmunandかどうかが確認できますよ

更新前。14.1.1で、末尾にEmunandを表す「E」がついています

Daybreakの起動・手順

hbmを開きます。

Daybreakを起動します。
installを選択
「TegraExplorer」で吸い出した手順ですので、そちらを選択
フォルダの下層選択です。「Firmware」を選びます
更新したいファームウェアを選びます
continueを選びます

有効になっているかチェック

  • prod.keysとファームウェアファイルのチェックが入る
  • 「Update is valid!」と表示されていることを確認(アップデートは有効)

エラーがでたときは、鍵かファームウェアの吸い出しをミスっていると思います。

設定の保持について訊かれます

設定の保持を選択します

  • 「Preserve settings」:現在の設定を保持
  • 「Reset to factory settings」:アップデート後に初期化

「Preserve settings」を選びます

フォーマット形式を選択

「FAT32」でSDカードをフォーマットしているはずなので、左側を選択します。

continueで進みます

最後。

0%から動き出すのに時間がかかりますが、落ち着いて待ちましょう

① シャットダウン

② リブート

を訊かれるので、好きな方を選択します。

まとめ

設定 → 本体 から、ちゃんと更新されたか確認します。

更新されたかチェック!

  • 本体のバージョン → 15.0.0になってる!
  • 末尾の表記 → Emunandを表す、「E」がついてる!

お疲れさまでした。

後は、アップデートによる予期せぬ不具合が発生しないことを祈るのみ。

-CFW, Switch, 趣味
-, , ,