小学五年生で英語検定4級に合格する ~勉強方法、合格ライン、参考書~

2023年1月20日に、英語検定4級を息子が受験しました。

本日(2023年2月12日)、合格通知が届きました。

勉強方法や取り組み内容を振り返って、記載したいと思います。

目次

受験時のステータス

・地元の公立小学校に通う5年生

・英会話教室には、幼稚園の年中から週1で通っている

・通っている英会話教室は、文法に関する指導は全くない(be動詞って何?っていうレベル)

・塾等、他の習い事では英語は習っていない

・2022年の同時期に、5級を受験して合格

合格までのプロセス

受験申込

2022年の11月23日に申込

この時点で受験日まで、およそ90日

受験勉強開始!

ちなみに、受験の申込みは以下のサイトから

[sc_Linkcard url=”https://www.eiken.or.jp/”]

受験に使用するツールを選定

[st-kaiwa1 html_class=”wp-block-st-blocks-st-kaiwa”]

今回受験に使ったアイテムは3つ

[/st-kaiwa1]

あれもこれもと、色んな参考書に手をだしたくなけど、どうせ使いきれません。

絞って、使い倒す!

のが、今まで培ってきた受験参考書の使い方。

3つのアイテム

  • 英検公式 スタディギア
  • 英検4級 でる順パス単 (旺文社英検書)
  • DAILY2週間 英検4級集中ゼミ (旺文社英検書)

各参考書の特徴

スタディギア for EIKEN

タブレットやスマホを用いて、アプリで勉強する教材です。

ライト、ベーシック、プレミアムの3種類のコースがあります。

注目すべきは、「ベーシック」!

なんと、受験者は無料で使わせてくれるのです。

なんとありがたいことでしょう。

以下のように一部の機能が制限されますが、全然十分です。

満点を取りたい方でなければ、対策としては十分力を発揮します。

英検4級 でる順パス単 (旺文社英検書) 

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

とりあえず単語の強化。

文法を理解してなくても、単語がわかればなんとなる!

ってことで単語帳。

見て、発声して、自分で聴いて覚える作戦。

赤シートも使用する、オーソドックスな単語帳です。

小さいので持ち運びに便利。

DAILY2週間 英検4級集中ゼミ (旺文社英検書)

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

最後は、基本の「過去問題集」

マークシートの解答用紙を使用する模擬試験問題が1回分ついています。

なお、リスニングはCDがついてて、それを聴いて解答します。

これはラストの2週間でのみ使用(2冊買ったので4週間)しました。

勉強方法

受験勉強に使用する参考書は揃えました。

次は使い方です。

食事ごと(朝と夜、土日は昼も)

毎朝、朝食を食べながら以下を日課としました。

ただし、文法は全くわからないので、当初はやっていません。

それでもやらなければ解けないので、1月から着手

できなくても、11月からやった方がいいです。(当たり前か)

  • スタディギアの単語を2ターン
  • スタディギアの文法を2ターン(これは1月から)

ベーシックプランは、「単語」と「文法」以外の学習もできる(上記参照)のですが、

我が家は最後まで「単語」と「文法」しか使用しませんでした。

(正確には、息子がこれ以外を断固としてやろうとしなかった)

寝る前に2ページの単語パス

寝る直前に見聞きしたものは、記憶として定着しやすいとかなんとか・・・

を、信じて!

毎日、2Pを2回読んでいました。

隣で見てると、「読んでるだけ」

な印象でしたが・・・

勉強は本人のやる気によるし、もうこれはしょうがない。

ラスト2週間

いよいよ、DAILY2週間 英検4級集中ゼミ の出番です。

構成としては、

① ポイントを読んで学ぶ

② それを生かして例題を解く

③ 設問を解く

の、繰り返しです。

っていうか、2週間、一日30分で文法を理解するのは不可能です。

(できる子もいるでしょうが、うちの子は無理)

なので、これを2冊買って、4週間で挑みました。

要は、2周の周回ですね。

で、文法を教えるのはなく、以下のポイントに注意して読むように指導。

完全にテクニックへの逃避・・・

(テクニックと呼べるほどのものでもないけど)

教えるポイント

  • 疑問文かどうか
  • 疑問文なら、先頭にはどんな単語が来るのか
  • 主語と動詞はだいたい近くに来る
  • わかる単語で、内容はひたすら推測

リスニング対策

何もしない・・・

英会話教室で培った能力に全てを委ねました。

試験直前のステータス

DAILY2週間 英検4級集中ゼミの解答率を鑑みるに・・・

文法は良くて5割

リスニングは、英会話教室のおかげなのか、8~9割は固い。

合格ラインがイマイチ不明だが、合算6割取れれば大丈夫でしょう!

と、前日の夜、一人で考えていました。

試験を終えて

試験終了直後

教室から出てきた息子。

[st-kaiwa1 html_class=”wp-block-st-blocks-st-kaiwa”]

どうだった?

[/st-kaiwa1]

息子は答えました。

「お腹痛い。マジ無理」

帰りの車でもずっとうずくまる息子。

なんてこった・・・

緊張とストレスからくる腹痛だったのかもしれません。

(車酔いも腹痛ででるタイプだし)

採点してみる

翌日の15時に、英検のサイトで解答が公表されます。

旺文社さんでも公開していますね。

グラフで結果を出してくれるので見やすいです。

[sc_Linkcard url=”https://eiken.obunsha.co.jp/sokuhou/”]

おそるおそる採点すると・・・36/65(55%)

採点結果

  • リーディング:18/35
  • リスニング:18/30

オーマイガ!

これは厳しい。

なんと厳しい結果か。

リスニングが過去最低にできていない。

腹痛が大きく影響してしまったようだ。

そういうこともある。

息子よ、時間の試験に向けて頑張ろう・・・

合格ラインを調べる

明確に「何問以上で合格」とはどこにも公開されていません。

英検4級は、英検CSEスコアが622点を超えると合格となっています。

ですが、「CSEスコア」というのがよくわかりません。

英検公式から肝心な基準が公開されていないですし。

それでも、望みを捨てずに一生懸命ボーダーラインを探します。

こちらのサイトさんで、過去のスコアを公開していました。

どうやら、41問がボーダーラインになるようだ・・・

[sc_Linkcard url=”https://abci.co.jp/eiken-12.html”]

5問足りていない。

こりゃ完全にダメだ。

次回にむけて、また活動開始!

と、思ったのです。

試験結果の通知

2023年2月12日、封書が届きました。

あれ、表に「合格証書在中」って書いてあるけど!?

いやいやいや、あの点数だぞ・・

受験生全員が同一の封筒なのかもしれない。

息子よ、おめでとう。

まとめ

「CSEスコア」の謎が深まるばかりの結果となりました。

正解した問題のCSEスコアが高くて、

間違えた問題のCSEスコアが低かったってことなんでしょうか・・・

55問正解で633点ですから、1問あたり約11.5点。

単純計算で、あと1つ間違えてたら不合格だったかもしれません。

来年は余裕をもって3級に合格できるように頑張ろう。(息子よ)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次