技術士 建設部門 生活 資格試験

技術士(建設部門)試験 必須問題対策(問1) センテンスを覚える ~2023年度試験版~ 

国土交通省白書に掲載されていて、

インプットしたほうが良いと考える単語・キーワードは別投稿でまとめています。

キーワードはこっちをCHECK

技術士(建設部門)試験 必須問題対策(問1) その1 ~2023年度試験版~

続きを見る

しかし、「言い回し」や「使い方」、「使いどころ」を抑えておかないと、

宝の持ち腐れに!!!

覚えたことを、試験官の旨に突き刺さるように使えるようになりたいですね。

国土交通省白書を用いた勉強方法 センテンス編

キーワードは、とりあえず気になったものをマーカーし、

  • 調べて
  • 要約して
  • 覚える

作業をすればOKです。

それとは別に、「センテンス」も覚えると、

2倍の効果が発揮できると思いませんか?

私は、去年の一発合格を経て「これは有効だ!」と実感しました。

カッコイイセンテンスをピックアップする

それでは、記述で使えそうな

「センテンス」や「一文」をチェックしていきましょう

~P.17 序章 気候変動に伴う災害の激甚化・頻発化

・経済と環境の好循環

・暮らしの脱炭素化

・住まい移動、まちづくり

・人間の影響が温暖化させてきた

・科学的知見を蓄えていく

・地域の強靭性が必要

・65歳以上の単独世帯が増加傾向

・コミュニティの機能低下

・地域の防災力の低下

・生産活動の停滞

・防災、減災対策の重要性

・情報提供の強化

・安全なまちづくりを推進

・情報の空白域を解消

・総力戦で挑む防災減災プロジェクト

・関係省庁の緊密な連携協力

~P.49まで

・産業部門は2013年から2020年に23%減

・炭素投入量の増加を伴わずに経済成長

・日本はGDP,CO2、ともに増減傾向が安定していない

・政策ツールを総動員

・イノベーションは労働生産性の向上にも寄与

・脱炭素社会の実現に向けた取組が必要不可欠

・グリーンチャレンジ6つのテーマ

・官民で野心的かつ具体的な目標を共有

・技術開発から社会実装までを継続的に支援

・気候変動緩和技術に関する特許件数は我が国が最も多い

・OECD諸国に比べて、日本の労働生産性は低い

~P.34まで 脱炭素社会の実現に向けた動向

・再生可能エネルギーの利用拡大

・産学官民連携した技術革新や社会実装の加速化

・ハード面と運用面(住まい方)

・優良なストックを長く使う

・エネルギー管理が必要

・エネルギー消費の抑制を図る

・再生可能エネルギーや未利用エネルギーの利用拡大

~P.49まで わたしたいの暮らしの脱炭素化に向けた取組の課題と方向性 その1

・木材資源の循環利用

・交通、運輸部門は2030年に、2013年度比35%減を目指す

・ICT技術を活用したソフト対策

・渋滞対策に資するハード対策

・ハードとソフトのベストミックス

・消費者もキープレーヤー

・モーダルシフトの推進

・輸送モードとしての役割

・サプライチェーン全体の輸送効率化

・単体政策ではなく、総合的な取組

・運輸部門におけるCO2排出量の86%を自動車が占める

・2035年までに伝道者00%の新車販売

・移動ニーズに応じた交通サービスの活性化

・地域交通ネットワークの再編

・Maasはサービスを大きく変える必要がある

・ブローバルな国際枠組みを牽引

・環境に配慮した都市開発

~P.63まで わたしたいの暮らしの脱炭素化に向けた取組の課題と方向性 その2

・人中心の「まちなか」づくり

・ウォーカブルな空間の形成

・官民連携により総合的な推進

・グリーンインンフラの社会実装を推進

・民間投資の拡大を図る

・新たな価値を創出

・エネルギー需要予測の精度向上

・3D年モデルの活用

・都市の価値をシェア

・時間距離が短縮

・経済社会を炭素中立型に転換

-技術士 建設部門, 生活, 資格試験
-, , ,