ギャンブル ニュース ビジネス

【日経新春杯】ヴェルトライゼンデが首差で差し切り JRA重賞初Vのイーガン騎手「ハートもガッツもある」(スポーツ報知)

【日経新春杯】ヴェルトライゼンデが首差で差し切り JRA重賞初Vのイーガン騎手「ハートもガッツもある」(スポーツ報知)
◆第70回日経新春杯・G2(1月15日、中京・芝2200メートル、稍重)

伝統のハンデ重賞は14頭立てで争われ、1番人気でトップハンデ59キロのヴェルトライゼンデ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎、父ド

[紹介元] スポーツ - Yahoo!ニュース 【日経新春杯】ヴェルトライゼンデが首差で差し切り JRA重賞初Vのイーガン騎手「ハートもガッツもある」(スポーツ報知)

日経新春杯 ェルトライゼンデが首差で差し切り 重賞初のイーガン騎手

◆第70回日経新春杯・G2(1月15日、中京・芝2200メートル、稍重) 伝統のハンデ重賞は14頭立てで争われ、1番人気でトップハンデ59キロのヴェルトライゼンデ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎、父ドリームジャーニー)がデヴィッド・イーガン騎手を背に、直線で力強く末脚を伸ばし、差し切った。昨年のジャパンC(3着)以来の今年初戦を制し、22年鳴尾記念以来の重賞2勝目を挙げた。イーガン騎手はJRA重賞初制覇。勝ち時計は、2分14秒2。 首差の2着に10番人気のキングオブドラゴン(坂井瑠星騎手)が残り、さらに首差の3着は4番人気のプラダリア(松山弘平騎手)だった。1番人気のロバートソンキー(伊藤工真騎手)は5着に敗れた。 イーガン騎手(ヴェルトライゼンデ=1着)「ジャパンC3着のトップクラスの馬に乗せていただいて感謝しています。道中は理想的なポジションで競馬ができた。(木曜日の)朝に(調教で)乗って抜け出すとソラを使うので、そこに注意しながら他の馬と一緒に最後まで走ることを心がけた。G1で好走している馬。ハートもガッツもある。G1で好走できるよう頑張ってほしいね」

ネットユーザーの反応

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

-ギャンブル, ニュース, ビジネス
-, ,