主婦の豆知識 子供の教育 生活

子育ての息抜きをする方法9選

2022年8月30日

子育てに疲れていませんか?

なかなか子育ての疲れってとれないですよね。

子育ての息抜きをする方法を知りたい方向けに子育ての息抜きをする方法を紹介します。

すでに詳しい方は改めて確認するつもりで読んでみて下さい。

録画した番組をゆっくり見る

韓国ドラマが好きでも子育て中は、子ども向けの番組ばかり見ると思います。

たまには自分が好きな韓国ドラマを見て息抜きすると良いです。

好きな韓国ドラマは録画しておいて子どもが寝てからゆっくり見ると良いです。

途中で邪魔されることもないので、良い息抜きになります。

ゆっくりお風呂

子どもが一緒だと使えない入浴剤を使ってみたり、ゆっくり半身浴を楽しんだり、自分だけの入浴タイムをたまには楽しんでみると良いです。

湯船につかりながらマッサージをしたり、パックをしたり、読書などをするのも息抜きにおすすめです。

ママ友とランチする

子どもを幼稚園に通わせているなら、子どもが留守中にママ友とランチして息抜きしてみると良いです。

同じ年齢の子どもを持つ親同士、お互いの悩みを打ち明ければ、話しているうちに元気が出てくると思います。

子どもが帰ってきてから親子で集まるのも楽しいですが、やんちゃ盛りの子どもが気になって会話に集中できないかもしれないので、じっくり会話したいなら、子どもの留守中がおすすめです。

編み物

何かに没頭したい場合は、物づくりがおすすめです。

形に残る物づくりなら達成感も味わえます。

子どもの保育園グッズを作ったり、編み物で子どものマフラーを編んだりしても良いです。

自分の物を作っても良いですが、最初は、小さい物の方が作りやすいと思います。

最悪な日でも、ひたすら手を動かしていると心が落ち着いてきます。

無心になれるので良い息抜きになります。

プチ贅沢してみる

子どもが生まれると、何でも子ども中心で自分のことは後回しになることが多いです。

たまには、自分のためにプチ贅沢してみると良いです。

過剰な贅沢は、罪悪感があるので小さな贅沢をすると良いです。

ちょっと高いスイーツを自分のために買ってみたりするのがおすすめです。

美味しいものを食べるには、ストレス発散になります。

セルフネイル

爪を整えていると、不思議と思考が冴える気がします。

不要なものをなくして、美しく整えていくうちに、子育ての疲れも軽減されます。

好きなカラーを塗ったり、ストーンをのせたり、後から眺めても楽しい気持ちになるセルフネイルは仕事中でも子育て中でも元気をもらえます。

旅行に行く

家事と育児の隙間時間にできる息抜きもいくつかあります。

たまには休みを利用して旅行に行くと良いです。

家事や育児に追われていても旅行の楽しみがあれば乗り越えられます。

旅行中は家事から解放されるので、思う存分息抜きできるのでおすすめです。

年に数回でも家族旅行を計画して、旅行中に撮影した写真は、家族の良い思い出になります。

育児に疲れても、写真を見て振り返れば元気が出てくるかもしれません。

ウォーキング・ランニング・ヨガ

体を動かすのが好きな場合、家の周りで気軽にできるウォーキングやランニングが息抜きをするのにおすすめです。

体を動かして汗を流すのは良い気分転換になります。

室内で運動したい場合は、ヨガやピラティスが良く、アロマを焚くと、運動しながらリラックス効果があります。

一人カラオケ

人前だと選曲を考える必要がありますが、思い切ったチャレンジができるのが一人カラオケの良いところです。

好きな曲を何回も入れても迷惑にならないので存分に楽しみましょう。

まとめ

今回は、子育ての息抜きをする方法を紹介しました。

子育ての息抜きをする方法について知りたかった方は参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

紹介した内容を参考にして子育ての息抜きを定期的にして下さい。

-主婦の豆知識, 子供の教育, 生活