生活 英語検定 資格試験

【これから受験をする予定の方必見!】英検の各級の試験内容と勉強方法

2022年7月2日

突然ですが、英検の資格って持っていますか?

これから英検を受験する予定という方も多いと思います。

そんな方向けに英検の各級の試験内容と勉強方法について詳しく紹介します。

英検5級の試験内容と勉強方法

試験内容

中学の初級レベルの学力が求められます。

中学1年生で習う基礎的な単語、文法が出題されます。

小学生で受験をする方もいます。

出題形式は、筆記、リスニング、録音されたスピーキングテストです。

内容は、家族、趣味、スポーツです。

勉強方法

英語の基礎を繰り返し勉強する必要があります。

be動詞を理解し、様々なものを英語で言える必要もあります。

試験や出題形式の雰囲気に慣れたり、リスニング、リーディングの苦手意識を克服する努力をしましょう。

英検4級の試験内容と勉強方法

試験内容

中学の中級レベルの学力が求められます。

中学1年から2年くらいの単語、文法、身近なネタを元に出題されます。

トピックの内容は、買い物、友達、学校、スポーツ、映画、道案内などです。

5級と4級のレベルの違いはあまりありませんが、There isなど出題されます。

出題形式は、筆記、リスニング、録音されているスピーキングテストです。

基礎をしっかりと勉強しておけば合格する可能性は高いです。

勉強方法

5級と同じく英語の基礎を繰り返し勉強する必要があります。

be動詞を理解し、様々なものを英語で言える必要があり、試験や出題形式の雰囲気に慣れたり、リスニング、リーディングの苦手意識を克服する努力をしましょう。

英検3級の試験内容と勉強方法

試験内容

中学卒業レベルの問題が出題されます。

3級から面接試験が追加されます。

中学生で習う文法を全て理解している必要があります。

過去完了、未来完了などの問題も出題されます。

出題形式は、ライティング有りの筆記、リスニング、面接です。

勉強方法

中学で習う英単語をしっかりと覚える必要があります。

中学3年分の英語の予習と復習をすると良いです。

英検準2級の試験内容と勉強方法

試験内容

高校の中級レベルの問題が出題されます。

出題される問題は、教育、化学など専門的な問題が増えます。

長文で穴埋め問題が出されたりするので基礎的知識や応用できる力が必要になります。

出題形式は、ライティング有りの筆記、リスニング、面接です。

勉強方法

文法を理解し、単語を暗記して、長文を理解する必要があります。

3級よりもより英語を理解する力が必要になるため、長文を解読できるように何度も勉強した方が良いです。

特に英会話でよく使われる単語を覚えて理解できるようにする事をおすすめします。

英検2級の試験内容と勉強方法

試験内容

高校生卒業レベルの問題が出題されます。

合格するためには、長文を安易に読めて、英語で説明できる必要があります。

出題されるトピックも医療、テクノロジー、ビジネスなど専門的な分野が多いです。

出題形式は、ライティング有りの筆記、リスニング、面接です。

勉強方法

準2級と同じく文法を理解し、単語を暗記して、長文を理解する必要があります。

3級よりもより英語を理解する力が必要になるため、長文を解読できるように何度も勉強した方が良いです。

特に英会話でよく使われる単語を覚えて理解できるようにする事をおすすめします。

英検準1級の試験内容と勉強方法

試験内容

大学中級レベルの問題が出題されます。

2級よりもさらに難しくなります。

日常生活や学校などで活用できるくらいの英語力が必要になります。

出題形式は、筆記、リスニング、面接です。

勉強方法

英語のライティングのレベルを上げる勉強をした方が良いです。

難易度の高い単語帳でたくさん勉強するのがおすすめです。

意外かもしれませんが英語で日記を書くとより勉強できます。

英検1級の試験内容と勉強方法

試験内容

大学上級レベルの問題が出題されます。

日常生活で困らないくらいの英語力が必要です。

出題形式は、筆記、リスニング、面接(自由会話•2分間のスピーチ•スピーチに対する質疑応答)です。

勉強方法

合格するためには、圧倒的な語学力が必要になります。

1級の過去問題をたくさん解くと良いです。

まとめ

今回は、英検の各級の試験内容と勉強方法を紹介しました。

英検の各級の試験内容と勉強方法について知りたかった方には参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

紹介した内容を参考にして英検の勉強にチャレンジしてみて下さい。

-生活, 英語検定, 資格試験
-,