スポーツ ニュース

引退橋本英郎が大切にしたG大阪背番号31のユニホーム「ここから僕はスタートした」(日刊スポーツ)

2023年1月19日

引退橋本英郎が大切にしたG大阪背番号31のユニホーム「ここから僕はスタートした」(日刊スポーツ)
 飾られていたのは原点の1枚だった。
 ガンバ大阪などで活躍した元日本代表MF橋本英郎(43)の引退会見が19日にG大阪の本拠地パナスタで行われた。
 過去に所属した全クラブと日本代表のユニホームが飾
[紹介元] スポーツ - Yahoo!ニュース 引退橋本英郎が大切にしたG大阪背番号31のユニホーム「ここから僕はスタートした」(日刊スポーツ)

引退橋本英郎が大切にした大阪背番号31のユニホーム ここから僕はスタートした 日刊スポーツ

捜査関係者によると、警視庁が阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士、山本俊作容疑者(35)=2006年5月引退=ら4人を逮捕した野球賭博事件の捜査の過程で八百長疑惑が発覚した。

しかし、同大会の敗北後、マイクアピールにてノアに「思い出作りありがとう御座いました」という感謝の言葉を述べ、続けて2007年春にレスラーを引退する事を発表した。

さらに日本は後半7分、CKから阿部が打点の高いヘッドを豪快にねじ込み、3対0。ここからチリに猛攻を受け、自陣ゴール前に釘付けにされる時間帯もあったが、中澤を中心とする守備陣がなんとか相手の攻撃を跳ね返す。

しかし、ワールドカップ出場決定後の国際親善試合では成績が奮わず、国内組のみで臨んだ12月のE-1選手権を除くと、ここまで1勝2分け3敗だった。

みんな個人競技では結果が出なかった。塚原が百メートルで準決勝進出した以外は予選落ちの連続。それでも、だからこそメダルのかかるリレーに向けて、気持ちを切り替えてきた。ここ3日間は夕食後、世界との差をどう埋めるかを5時間も議論した。その場にいた為末大は「パンパンに張り詰めて割れそうな風船みたい。でもそういう状況が一番力が出る」と説明。悲願のメダルに向けて、男たちは一丸となった。

土井氏は平成19年6月に行われた巨人軍通算5000勝記念イベントの一環に車イス姿で参列。その後、膵臓(すいぞう)がんを患い、手術していたことを明かにしていた。現在は自宅療養中だったという。土井氏は昭和17年6月28日生まれ、兵庫県出身。兵庫・育英高-立教大を経て、40年に巨人入団。二塁手として巨人の9連覇に貢献。53年に引退後は巨人のコーチや、オリックスの監督などを務めた。

松坂投手は本拠地球場のフェンウェイパークで、日米の報道陣約400人を前に記者会見。冒頭で背番号18のユニホームを手渡された松坂投手は、願いがかなった少年のような笑顔を見せ「夢という言葉は好きではない。大リーグで投げられると信じ、それを目標にやってきたので、今ここにいると思う」と喜びを表した。さらに「一番対戦したいのは、プロ入りしたときもそうだけどイチローさん(マリナーズ)。もちろん松井秀喜さん(ヤンキース)も楽しみ」と日本人先輩大リーガーとの勝負に思いをはせた。 松坂投手はプロ通算108勝60敗。今年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で最優秀選手となった。ボストン・レッドソックスはヤンキースと同じア・リーグ東地区の人気球団で、過去に大家友和、野茂英雄両投手も在籍した。来季は岡島秀樹投手(日本ハム)の加入も決まっている。

開催都市はIOC委員による無記名投票で決定された。第1回目で東京は過半数に届かなかったものの、42票を集めて1位で突破。最下位を除外して第2回目の投票を行うところだったが、2位はスペインのマドリード、トルコのイスタンブールが26票で同数となったため異例の決戦投票を実施。ここでイスタンブールは49票を獲得し、45票のマドリードが脱落した。

試合は立ち上がりからスペインがボールを支配する展開が続く。しかし、日本も組織的な守備からのカウンターで相手ゴールに迫る。初戦ということもあり、両チームともに無理をしない戦いぶりを見せるが、日本がセットプレーから均衡を破る。 34分、右CKに大津が右足で合わせて先制。思わぬ失点に慌てたスペインはここからミスを連発し、41分には永井謙佑の突破を止めたイニゴ・マルティネス(レアル・ソシエダ)が退場処分を受ける。日本は1点を先制したうえ、数的優位というアドバンテージを得て、試合を折り返した。

日本は3回表、ここまで打者6人で5三振のオスターマンに対し先頭打者の三科が自身今大会初ヒットとなる左翼越え二塁打。峰のバントで1死三塁とし、藤本の三振のあと、狩野がショート方向へ弾いて内野安打とし、日本が先制した。

7回1死から2番セミエンに左前に初安打を許すと、ここまでの快投をねぎらいファンから拍手。続く3番ローリーに四球を与え初めてピンチを招いたが最後は5番オルソンを142キロのスプリットで空振り三振に仕留めガッツポーズ。7回を1安打無失点に抑えた。

しかしブレーク直後の第5ゲームで0-40と3本のブレークポイントを握られる。しかし大坂はここから一気に5ポイントを連取してピンチをしのぐ。

プロ野球・ソフトバンクの王貞治監督(68)が23日、健康面の不安などを理由に、今季限りでの勇退を発表した。 現役時代は歴代最高の通算868本塁打を記録、引退後は巨人、ダイエー-ソフトバンクの監督を計19年務め、一昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本を初代世界王者に導いた「世界の王」が、通算44年間のユニホーム生活に別れを告げることになった。 長嶋茂雄・元巨人監督に続き、戦後のプロ野球で一世を風靡(ふうび)した「ON」コンビが完全にグラウンドから姿を消す。

ほぼ純血で行われるノアの選手会興行やプロレスリング・セムにも参加している。また、同年3月に永源遙が引退したことを受けて「これからの第一試合はボクが引き継ぎます」と宣言し、8月には通常ノア所属の若手・中堅選手が派遣されるヨーロッパへも遠征した。2006年初旬、かつての盟友TARUが主戦場とする全日本プロレスへの進出を仄めかす発言を残していたが、11月には逆にVOODOO-MURDERSの面々をセムのマットへ呼び込み、その勢いのまま本家ノアの12月10日武道館大会にVOODOO-MURDERSのメンバーと組み田上明組と対戦した。

後半に入っても攻撃の手を緩めない日本は、開始直後の後半2分にハーフナーがこの日2点目となるゴールをマーク。その後も中村、香川、岡崎が次々とタジキスタンのゴールネットを揺らし、終わってみれば大量8ゴールを挙げて圧勝した。ここ数試合は得点力不足が叫ばれていたが、圧巻のゴールラッシュで不安を吹き飛ばした。

ネットユーザーの反応

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

-スポーツ, ニュース
-, , ,