スポーツ ニュース

千葉出身なぜ強い? 駅伝界で活躍。育成力に秘密あり?

2023年1月23日

千葉出身なぜ強い? 駅伝界で活躍
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - スポーツ 千葉出身なぜ強い? 駅伝界で活躍

千葉出身なぜ強い 駅伝界で活躍

しかし近年、全日本大学駅伝の出場校が関東の大学と他地域の大学で実力差が如実に反映されるようになった。これは男子学生駅伝の特有の現象であるとされる[注 29]。上位をほぼすべて関東の大学が占める一方で、地方から出場している大学が半分も行かない地点で既に繰り上げスタートになってしまう事態が発生するに至って、全日本大学駅伝の権威が著しく低下している。

大学校内の練習場にクロスカントリー走路を取り入れたのも、私が最初かもしれません。平地を走るよりはアップダウンを走った方が、筋力のトレーニングになるし、故障も少ない。実際のレースの駆け引きにも対応できる。結果として、箱根駅伝に対応したコースになりました。今は他の大学でも取り入れられています。

2022年6月30日、関東学連は2023年10月に開催される予定の第100回箱根駅伝予選会の参加資格を現行の関東学連から日本学連に広げることを発表。これにより参加できる大学が全国に広がった[20][106]。

元箱根駅伝ランナーのスポーツライター。国内外の陸上競技・ランニングを幅広く執筆中。著書に『箱根駅伝ノート』『新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図』『東京五輪マラソンで日本がメダルを取るために必要なこと』など。

箱根駅伝を出雲駅伝・全日本大学駅伝とともに「大学三大駅伝」と並び称する人やメディアも少なくないが、出雲駅伝と全日本大学駅伝が全国大会(主催:日本学連)なのに対し、箱根駅伝は日本学連傘下の一組織である関東学連が主催する地方大会にすぎないため、大会としての格は明らかに下で[注 24]、出雲駅伝の関東地区選考会でもある。しかし、近年では関東の各大学が、年間の最大の目標を箱根駅伝に置く傾向が強く[注 25]、更に、箱根駅伝は全日本大学駅伝や出雲駅伝に比べ、区間数や、1区間あたりの距離の平均が非常に大きい上、他の学生駅伝には無い「山登り」「山下り」の区間も存在する(学生駅伝の中では最も過酷である)ため、全国大会で本来最も権威の高いはずの出雲駅伝と全日本大学駅伝を、単なる箱根駅伝の前哨戦又は調整試合という意味合いで戦い、必ずしもベストメンバーを送り込まない大学も少なくない。地方大会であるはずの箱根駅伝が事実上の学生駅伝No.1決定戦且つ国内陸上競技最大のイベントになったことで、他の大学スポーツと同様、男子陸上長距離の人材の東京一極集中が起こっている[注 26]。

文部科学省では現在でも全国大会は実力本位の選手権大会と、選抜大会の2つしか開催しないよう学生競技団体へ指導を行っており、箱根駅伝が国内の全大学に門戸開放されると、全国大会として運営されている出雲(選抜)駅伝および全日本大学駅伝(選手権)との関係が問題となる。しかし現実には箱根駅伝が、現存する日本の駅伝では最も長い歴史を持つ大会であり、知名度も高いことを勘案すると、長年にわたり主催してきた関東学連が当大会を手放すことは考えにくい。

1967年広島県生まれ。世羅高校では全国高校駅伝準優勝。中京大学でも日本インカレ5000mで3位入賞。89年に中国電力陸上競技部に入部。5年で選手生活を終え、その後は営業などで活躍。2004年から青山学院大学陸上競技部監督に迎え入れられ、15年には同校を箱根駅伝初優勝に導いた。

なお、2025年・第101回以降の参加は決まっていないが、日本テレビ系で放送した続報!箱根駅伝(駅伝の後番組)内では「100回より全国の大学が出場できる」という意図で放送されており、後援する読売新聞と日本テレビの主張が全面的に反映されていた。

2. 富士通でやりたいこと・目標 トラック種目(5000m、10000m)で日本のトップレベルになれるよう力を付けていきたいです。目標は日本選手権で入賞・優勝できる選手になって、オリンピックに出場し世界で戦うことです。駅伝ではニューイヤー駅伝に出場し、優勝に貢献したいです。

かねてから箱根駅伝の全国化を求めてきた[108]青山学院大学監督の原晋は2017年の大会後に行われた自由民主党の会合でのゲスト出演の際、「全国大会化は必要不可欠である」[109]と述べたほか、「(100回大会限定の門戸開放は)厳しい言葉で言うならば、『茶番』」と切り捨て、「101回大会(2025年開催予定)以降も継続することで地方の大学が箱根を戦えるようになる」[110]と指摘している。さらに日本陸上競技連盟副会長・瀬古利彦は「1回だけで茶を濁すのではなく、続けることこそが真の全国大会化である」[111]、元マラソン選手の有森裕子も「1回限りでは地方の大学のモチベーションが下がる」[112]といった、持続的な全国大会化を求む意見が相次いでいるが、関東陸連は「現段階は100回記念大会の限定処置であり、2025年の第101回以後は検討する」[113]としたうえで、100回大会においても「予選参加校は各々12人が出場登録し、そのうちの10人がハーフマラソンを走っての合計タイムで出場校を決め、10位以内に入ること」[114]としており、「地方の大学に門戸を開放すると発表したのは2022年6月。ハーフマラソンを強化するだけの時間もない。全国大会化を求める声は数年前からあったが、せめて2年ぐらい前に発表してほしかった。直前に中途半端な形で参加資格を拡大することを表明したのは、地方の大学に出場権を与えなければ批判されるので、門戸を開放したフリをしている」(ある関西の大学関係者)[115]とする疑念がある一方、福岡大学は2023年1月3日に参加を表明した。陸上部男子長距離ブロック長の堤晃太朗(3年)は「ずっと夢に見た舞台。けがや家の都合で諦めた選手の希望になる」[116]と意欲的な大学・選手もある。

箱根駅伝の優勝は一朝一夕に成し遂げられたものではありません。中長期的な計画とその実践がありました。赴任当初に取り組んだのは、部の方針やキーワードを部員全員に徹底させることでした。陸上競技で何にもまして重要なキーワードは「規則正しい生活」です。特に駅伝は自分の身一つで走って、速さだけが評価の基準になります。そのためには規則正しい生活を送りながら体をつくることが欠かせない。その徹底に3年間かかりました。

中学駅伝は陸上部だけでメンバーをそろえることが難しく、さまざまな運動部から「助っ人」を集めてチームを編成するのが一般的だ。中学校は高校などと異なり、有望な生徒を集めることもできず、駅伝だけを強化するのは難しく、大会に出場できない中学校も少なくない。こうした中、東葛地域6市の公立中学校のほぼ全校が参加する東葛駅伝のような大会は珍しく、千葉の裾野の広さを示している。

現状の制度だと、箱根駅伝で走ってみたいと考えている地方出身者の選手は、みんな関東の大学に進学してしまいます。地元に残っても全国大会で活躍できるような仕組みが必要です。それができれば、関東以外の地域の大学の活性化につながるし、地元にランニングクラブなどができて、地域のスポーツ振興にも役立つはずです。

箱根駅伝で優勝するようなチームは、学業そっちのけのプロ集団と思われがちですが、そんなことはありません。青学では運動だけやっていても単位はもらえないのです。学業もしっかりというのが大前提です。それが青学のチームカラーでもあります。そんなチームカラーに合うような選手を選んできました。もちろん、大学によっては違うチームカラーもあるでしょう。チームカラーに合う選手を育てることが、最も効率的であるというのは、企業でも同じことが言えるんじゃないかと思います。

箱根駅伝は日本陸上界の宝です。他にも駅伝競技では全日本選手権などがありますが、首都・東京の街並みや、富士山、箱根の温泉街など有数の観光資源を走り抜ける箱根駅伝の知名度にはかなわない。箱根駅伝は日本の冬の顔なんです。

ネットユーザーの反応

Producent
東葛駅伝とか銚子駅伝とか、千葉の中学駅伝は素晴らしい文化だと思う。 一度でいいから走ってみたかった。 千葉県出身ランナー、なぜ強い? 駅伝界で一大勢力を築く背景 | 毎日新聞
サボリーマン
【駅伝】千葉県出身ランナー、なぜ強い? 駅伝界で一大勢力を築く背景 [ネギうどん★]
サボリーマン
【駅伝】千葉県出身ランナー、なぜ強い? 駅伝界で一大勢力を築く背景 [ネギうどん★] 引用元 1 :ネギうどん ★:2023/01/24(火) 12:35:4
@yosiokamamoru
千葉出身なぜ強い? 駅伝界で活躍 0386 . 続きはプロフのリンクから
nnnnaa
千葉県出身ランナー、なぜ強い? 駅伝界で一大勢力を築く背景(毎日新聞) Yahooニュース こうした形で千葉県の陸上関係者の長距離選手育成への努力に焦点を当てた記事を書いて頂き、毎日新聞さ…
marie
うれしい記事だあ😲 実は2011年2~3月に同じ趣旨で取材したものの、東日本大震災が起こって記事化されないままの案件なんす。なぜ千葉県出身は強いのか。答えは「東葛駅伝」。関係者は口をそろえた。 千葉県出身ランナー、なぜ強い? 駅伝界で一大勢力を築…
ぴこにゃん❤島津太彦
うれしい記事だあ😲 実は2011年2~3月に同じ趣旨で取材したものの、東日本大震災が起こって記事化されないままの案件なんす。なぜ千葉県出身は強いのか。答えは「東葛駅伝」。関係者は口をそろえた。 千葉県出身ランナー、なぜ強い? 駅伝界で一大勢力を築く背景 毎日新聞

-スポーツ, ニュース
-, ,