主婦の豆知識 子供の教育 生活

小学生の子どもに勉強させるコツとは? やる気にさせる3つの方法が鍵を握る!?

小学生の子どもが勉強をしなくて困っていないでしょうか?

やる気を高めさせることができれば、子どもは自然と勉強するものですよ。

当記事で紹介する「3つの方法」を実践して、勉強のやる気を高めさせてあげましょう。

勉強させたいのなら、やる気を高めさせよう

なぜ、子どもは勉強しないのでしょうか?

やはり、将来に危機感がないからこそ、勉強をしないはずです。

小学生である以上は、あまり将来について考えませんからね。

まさに、小学生にとって「勉強=意味のないこと」になりがちなため…

多くの小学生は、勉強をしないのです。

では、親であるあなたは、なぜ子どもに勉強させたいのでしょうか?

やはり、「将来は困ってほしくない」と思うからこそ、勉強させたいのではないでしょうか?

  • 小学生の子ども…あまり将来について考えない→勉強をしない
  • 小学生の親…子どもの将来について考える→勉強をさせたい

ということですね。

まさに、正反対であるため、子どもと親が分かち合うのは難しいのです。

親が「将来は困ってほしくないこと」を子どもに説いたところで…

子どもはあまり理解できませんからね。

では、「子どもにとっての勉強するメリット」でアプローチをしたら、どうなるでしょうか?

例えば、「宿題をやったらお菓子をあげる」といった感じです。

このように、勉強するメリットを子どもが感じられれば…

子どものやる気は高まるのではないでしょうか?

この、「勉強するメリットを感じさせて、子どものやる気を高める」というのが…

当記事で推させていただく、「子どもに勉強をさせるコツ」になります。

やる気を高める3つの方法とは?

「子どもにとっての勉強するメリット」でアプローチをすれば…

子どものやる気を高めさせてゆくことができるわけです。

ひいては、子どもは机に向かって、勉強をする可能性が高まります。

では、どのようにすれば、子どものやる気を高めることができるのでしょうか?

ここからは、「子どものやる気を高める方法」を提案させていただきます。

<方法1>ご褒美を与える

「小学生の子どもにとっての勉強するメリット」とは、はたして何なのでしょうか?

単純ではあるのですが、ご褒美を与えれば、小学生の子どもは勉強するメリットを感じます。

つまり、上手にご褒美を与えてゆけば、子どもは勉強しやすくなるのです。

◇毎日のように「軽いご褒美」を与えよう

「子どもにご褒美を与える」とは言っても、適当に何かをあげればいいわけではありません。

やはり、「子どもにとってメリットがあるご褒美」を与えなければ、全く意味がないのです。

例えば、子どもがチョコレート好きであるとします。

この場合、子どもが宿題を終えたら、ご褒美としてチョコレートをあげるのです。

このように、「軽いご褒美」を毎日のようにあげることで…

日々の宿題などをこなしてゆくことができますよ。

◇成績などに応じて、「大きなご褒美」を与える

ときには数千円程度の大きなご褒美を与えることも大切です。

例えば、「学期ごとの通知表の目標」を子どもと決めてはどうでしょうか?

「1学期は◎(二重丸)を10個以上にする」といった感じに、子どもの目標を決めるのです。

そして、「目標を達成したときのご褒美」も子どもと一緒に決めてください。

「1学期に◎(二重丸)を10個以上にしたら、プラモデルを買う」といった感じですね。

このように、「大きなご褒美」があると、長期的な勉強のやる気につながります。

そのため、「通知表の成績を上げよう」などという気持ちにさせることができるのです。

◇褒めてあげるのも1つのご褒美

物を与えることだけがご褒美ではありません。

ときには口で褒めてあげることも、立派なご褒美になります。

ぜひ、些細なことでも構わないので、積極的に褒めてあげてください。

ちなみに、具体的に褒めてあげると、より子どもは喜んでやる気を出すものです。

  • 「50分も勉強ができてすごい!」
  • 「小テストは75点だったんだ! 前回より3点上がったのはドリルの成果だね!」
  • 「まだ夏休みが10日もあるのに宿題が終わるなんて… すごい計画的じゃん!」

といった感じに、具体的に褒めてあげると、「褒めの説得力」が高まりますからね。

そのため、子どものやる気はより高まり、さらに勉強を頑張るかもしれないのです。

ただし、わざとらしく褒めると、子どもから勘づかれるかもしれません。

そのため、親として純粋に「すごい」と思った部分を、自然に褒めるようにしてください。

<方法2>勉強をさせてから遊ばせる

勉強の前に遊んでしまうと、どうなるでしょうか?

遊び疲れてしまって、「もう勉強なんてしたくない」となるかもしれませんね。

ぜひ、勉強をしてから、遊ばせるようにしてください。

そのようにしたほうが、「勉強へのやる気」は高まりやすいですよ。

◇平日は勉強をさせてから、テレビなどを見せたい

勉強をさせてから遊ばせることが大切なわけです。

しかし、子どもが学校から帰宅して、すぐに勉強をさせてしまったら…

友達と遊ぶ時間などが少なくなってしまいますよね。

友達と約束をしているなどという場合は、すぐに遊ばせても問題ありません。

一方で、テレビを見るなど「家での遊び」の前には、勉強をさせるようにしたいのです。

例えば、19時から子どもの好きなテレビ番組が放送されるとします。

この場合、19時までに勉強をさせることが大切なわけですね。

◇土日は勉強をしてから遊ばせたい

土日は子どもにも時間的余裕があるはずです。

そのため、「勉強をしてから友達と遊ぶ」ということもできるでしょう。

例えば、友達と午後から遊ぶ約束をしているのなら…

午前中に勉強をさせるようにすればいいわけです。

このように、勉強をしてから遊ばせるようにすれば…

楽しみ(遊び)が待っているわけですから、勉強のやる気は高まりやすいことですよ。

◇「旅行までに夏休みの宿題を終わらせる」もアリ

大きな宿題などがあるのなら、「大きなイベント(旅行など)」を用意してあげましょう。

そして、「大きなイベント(旅行など)の前」に、大きな宿題が終わるように促しましょう。

例えば、「旅行までに夏休みの宿題を終わらせる」という目標があると…

勉強のやる気は高まるのではないでしょうか?

<方法3>学習環境を大切にする

勉強のやる気を高めるためには、環境作りも大切になってきます。

いくら「勉強をしよう」と思っても、環境が悪かったらやる気は高まりませんからね。

ぜひ、子どものことを考えて、しっかりと環境を作ってあげましょう。

◇子どもにとって「勉強しやすい環境」は異なる

「静かな部屋=勉強しやすい環境」と言い切ることはできません。

子どもにとって「勉強しやすい環境」は異なってくるのです。

  • 静かな部屋
  • 生活音が聞こえる部屋
  • 図書館の学習室

など、「勉強しやすい環境」は子どもによって異なってくるわけですね。

つまり、「勉強は静かな部屋でさせよう」と安易に考えるのは危険だということです。

◇「子どもが勉強しやすい環境」を見極めよう

例えば、子どもは「生活音が聞こえる部屋」にいると、勉強に集中できるとします。

それなのにも関わらず、「静かな部屋」で勉強をさせたら、どうなるでしょうか?

もしかしたら、静かすぎるがために気が散って、勉強がはかどらないかもしれませんね。

このような事態を避けるためにも、「子どもが勉強しやすい環境」を見極めるべきなのです。

「子どもが勉強しやすい環境」を見極めたら、積極的に環境作りをしてあげましょう。

例えば、「子どもは生活音が聞こえる部屋だと勉強に集中できる」と見極めたのなら…

リビングでの勉強を促すことなどが大切になってくるわけですね。

最後に

子どものやる気を高めさせることができれば、勉強もしやすくなります。

ぜひ、当記事で提案した3つの方法を実践して、子どものやる気を高めてあげましょう。

やはり、小学生のうちから勉強習慣を身につけることができれば…

中学生以降も自然と勉強しやすくなるものですよ。

-主婦の豆知識, 子供の教育, 生活