ニュース ビジネス

不動産取引におけるキーマンといっても良いでしょう

宅建とは 不動産取引の専門家(宅建士)を示す資格です

前述の通り、宅建士は重要事項の説明や売買契約の締結を行うものの、それ以外のシーンに関わらないわけではありません。資金計画のサポートや住宅ローン契約の補助、物件を選定する際の根拠に基づく売却価格の設定など、さまざまな場面で専門知識をフル活用しています。売買であっても賃貸借であっても、不動産取引を行うのであれば必ずお世話になるのが宅建士です。不動産取引におけるキーマンといっても良いでしょう。

「投資不動産取引士」は2016年に制度が開始された、投資用不動産の取引に特化した専門家を認定する資格です。この資格を取得することで、投資用不動産の取引実務に必要な知識や実務上のスキルを有し、不動産投資を任せられるプロであることを証明できることで、お客様に安心して不動産取引に関して高い信頼を受けることができます。また、投資不動産取引士資格は、法務大臣認証ADR調停人の基礎資格の認定を受けているため、取得することで法務大臣認証裁判外紛争解決機関である一般社団法人日本不動産仲裁機構の調停人登録をすることができます。
資格を取得するには、資格試験に合格し指定の講習を受講し登録を受けると投資不動産取引士になれます。

宅建や宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。宅建とは、不動産取引の専門家(宅建士)を示す資格です。
宅建士になるための試験を宅建試験といいます。宅建試験に合格し登録実務講習を経て登録することで、宅建士として不動産の売買や賃貸物件のあっせんをする際に、その土地や建物について専門知識を有していないお客様に対し「登記」「不動産の広さ」「飲用水・電気・ガスの供給施設」「キャンセルの際の取り決め」など、契約の根幹に関わる「重要事項の説明」をすることができるようになります。

宅建や宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。宅建とは、不動産取引の専門家(宅建士)を示す資格です。宅建士だけに許された独占業務として、「重要事項の説明」や「35条書面(重要事項書面)への記名」「37条書面への記名」などがあります。

最後に、37条書面とも呼ばれる契約書の内容を確認したうえで、記名・押印を行い買主や借主などへ交付するまでが宅建士の独占業務です。37条書面は、重要事項説明書とは別物のため、不動産取引の際には最低でも2つの書面が交付されます。

代金や支払い方法、引き渡しの時期などを記した書面への記名です。不動産取引が成立すると、宅建士が当書面にに記名し、売主・買主双方に交付しなければなりません。

不動産に関する重要事項の説明などは宅建士だけに許された独占業務です。また、不動産の売買や賃貸借の媒介(仲介)といった不動産取引をおこなう場合、従業員5名につき1名以上の宅建士の設置が義務付けられており、宅建士の需要は高いといえます。

不動産取引における専門知識の獲得や、民法、宅建業法、不動産法などの関連法規に精通できる宅建資格の取得は、不動産ビジネスをはじめ建築業、金融業などさまざまなジャンルの業務に生かすことができます。

宅建士の存在は、普段の生活ではあまり意識することはありませんが、不動産取引をする場合には欠かせません。不動産の売買や不動産投資など、さまざまなシーンで宅建士から情報を入手することもあります。宅建士の役割を理解し、うまく活用することでよりスムーズな不動産取引につながるでしょう。

宅建とは、「宅地建物取引士(宅建士)」の略称で、不動産取引の専門家であることを証明する国家資格です。主に宅地建物取引業者で働く場合に活用されることが多い資格です。そして、宅地建物取引士(宅建士)の資格を取得するための試験が「宅建試験(宅地建物取引士試験)」です。この宅建試験に合格すると宅建士として、不動産の売買や賃貸物件のあっせんをする際、宅建士にしかできない独占業務ができるようになります。不動産などの取引経験がないお客様が不当な損害を被ることがないように、重要事項の説明などを行うことが宅建士にしかできない独占業務です。

中長期的にみると、少子高齢化による人口の減少と高齢化によって、戸建て住宅やマンション、店舗や事務所など、あらゆる不動産の需要は少しずつ減少していくと予想されます。しかし、売買や賃貸といった不動産取引は将来的になくなることはありません。そのため、宅建士の仕事自体もなくなることはなく、将来的にも安定した資格と言われています。今後はFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得して、金融のコンサルもできる人材といった複数ライセンスを組み合わせることで、より顧客から求められる宅建士として活躍することも期待されています。

取得した宅建はどう活かせるでしょうか?また、あるとどうなるのでしょうか?まず、宅建資格を取得し、登録講習・登録等の手続を踏むことで、「宅建士(宅地建物取引士)」になることができます。宅建士(宅地建物取引士)になれば、前述のとおり不動産取引・契約の場面で有資格者として活躍することができます。また、宅建士(宅地建物取引士)になる他にも色々なメリットがあります。いくつかの例を挙げてみましょう。

投資不動産取引士の認定資格を取得することで、投資不動産取引実務に必要な知識を身に付けるのみならず、お客様に安心して取引できる環境を提供し、各段に高い信頼を受けることができるようになります。また、当協会の基幹事業である推奨資料の利用は、投資不動産取引士の登録を受けた方に限り、使用出来る資料も多くあります。是非登録をしてください。

-ニュース, ビジネス
-,