トレンドワード ニュース ビジネス

寒波 普段雪少ない地域も大雪恐れ 寒い時分には厳しいニュース

寒波 普段雪少ない地域も大雪恐れ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 国内 寒波 普段雪少ない地域も大雪恐れ

寒波と混同されがちな気象用語に「寒気」があります

諏訪湖が凍らない…いでよ、御神渡り 宮司「来週の寒波に期待」

この先1週間は、今季一番の強い寒気が2回襲来。1回目は、今週末20日(金)〜21日(土)。週明け23日(月)〜24日(火)は更に強い寒波襲来。しかも強烈寒波だけではなく、関東に雪をもたらす「南岸低気圧」の動きに注意が必要です。普段、雪の少ないエリアで大雪のおそれがあるため、最新の気象情報・交通情報をこまめに確認して下さい。

普段雪が降らない地域でも、寒波の到来によって大量の雪が降り積もる可能性があります。雪対策は必要ないと過信せず、屋根・窓・カーポートといった家の周りの雪対策を行っ ておくことが大切です。

寒波が流れ込むと、1日に10〜20℃程度低下して、暴風雨や大雪を伴うこともあります。通常の寒波であれば1〜2日で冷え込みが弱まりますが、大寒波の場合は数週間続くことも少なくありません。

寒波とは、寒冷な空気が広範囲に流れ込み、ある地域で気温が急激に下がる現象のことです。北極周辺の高緯度地方で冷やされた空気が流れ込む中緯度の地域に現れやすく、寒冷な空気が波のように押し寄せることから名付けられました。規模の大きい寒波は「大寒波」と表現されることもあります。

寒波になると継続して積雪や凍結が進み、事故の危険性や交通機関の乱れ、水道管凍結などの日常生活に支障をきたす可能性が高くなります。

まず必要となる備えが食料品です。寒波は一時的な現象ですが、3日程度の食料を目安に確保しておくと安心です。凍結による断水や降雪による停電を想定して、水や電気がなくても食べられるパン・缶詰などがおすすめです。

積雪地において、冬期、住まいを雪から守るためには、屋根に積もった雪を適切な時期におろさなければなりません。放っておくと、軒先の破損や家屋に影響が出ることがあります。 また、普段雪が降らない地域でも、寒波などの影響で雪が積もることがあるので、落雪に注意したり、適切な対策をしましょう。

寒波と混同されがちな気象用語に「寒気」があります。それぞれ意味が異なるため、違いを理解しておきましょう。 違いはどの程度長く気温の低下が続くかにあります。 寒気は一時的なもので、寒波は長く続くものを指すことが多いです。

寒波が流れ込むと、暴風雨や大雪をもたらすことも少なくありません。暴風雨や大雪になると、家から出られなくなる可能性が高くなるほか、無理に外出すると、路面の凍結による転倒や事故のリスクもあります。寒波のときに外出を控えるために、自宅に備蓄品を揃えておくようにしましょう。

『1DAYレジャー保険』は、レジャー中の事故に備える24時間単位型の保険です。寒波の時期にレジャーの予定がある方は、加入をご検討ください。

ネットユーザーの反応

@yosiokamamoru
寒波 普段雪少ない地域も大雪恐れ 88ed . 続きはプロフのリンクから
数年前に福岡でも水道管凍結で困った事あるので 飲料水は用意しておいた方が良いかもですね 寒波 普段雪少ない地域も大雪恐れ 2023年1月22日
n
寒波嫌だなぁ…事故も起きそうだし、早めに行動しないとね。 水道の凍結も心配…。 寒波 普段雪少ない地域も大雪恐れ 2023年1月22日

-トレンドワード, ニュース, ビジネス
-, ,