トレンドワード ニュース ビジネス

家賃保証の利用急増 トラブルも 明日は我が身と気を付ける

家賃保証の利用急増 トラブルも
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 経済 家賃保証の利用急増 トラブルも

家賃保証の利用急増 トラブルも

コロナの影響で職を失ったり収入が減少したりした影響で、家賃を滞納せざるを得なくなる人も出てきたことでしょう。ただし、家賃の滞納は以前から起こり得るものであり、コロナで家賃の滞納者が増えたのかどうかを見るべきです。 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会が公表した家賃滞納率によると、2018~2020年にかけて家賃滞納率は減少傾向にあります。そのため、コロナの影響で家賃を滞納している人はいるものの、全体を見るとそれほど影響を受けていないと言えます。

株式会社スマサポでは「暮らしをスマートにサポートする」ことをモットーとし、入居者用の専用アプリを活用して、家賃支払いなどの連絡をスムーズに行えるようにしています。 条件の差別化で入居率が向上するので、安定した家賃収入が期待できます。

日本賃貸住宅管理協会の2019年度市場データ(日管協短観)によると、家賃保証会社利用割合は全国的に上昇し、機関保証への加入必須割合も全国で8割超と、全エリアで大幅に上昇しています。 これはすでに、改正民法による極度設定が影響していると考えられます。

家賃保証会社を利用すれば、入居者が滞納した家賃を家賃保証会社が立て替え払いしてくれますし、入居者の支払いが遅れた原因を専門スタッフがカウンセリングで確認、その後、立て替えをした家賃の請求を事務的におこないます。

複数人で部屋を共有するルームシェアでは、個々の支払い家賃の額が少なくなるため、一見すると低負担で高品質な物件へ暮らせるチャンスが拡大します。しかし、見方を変えると同居人が減れば残った入居者の負担が増大し、家賃滞納のリスクが上昇するといった点も事実です。

賃貸経営アプリとは、人口密度や犯罪率、家賃相場などの情報を速やかに入手できるアプリです。また、管理会社との手続きをアプリ上で完結することで時間を節約したり、「言った・言っていない」のトラブルを防いだりできます。コロナ禍では、オーナー自身も他の事業で多忙を極めてしまい、賃貸経営がおろそかになる可能性があります。 賃貸経営アプリを活用すれば、そのような問題も解消できるでしょう。

家賃保証会社の利用が一般化する前は、家賃滞納リスクを回避する手だてとして「連帯保証人」制度が主流でした。これは賃貸借契約をした借主本人が家賃滞納をした場合に、連帯保証人が借主に代わって弁済義務を負うというものです。しかし、契約当初は支払い能力があると判断された連帯保証人であっても、実際に滞納が起こったときに支払いをしてくれなかったり、支払い能力がなくなっていたりということも考えられます。また、核家族世帯が当たり前で、かつ高齢化により高齢者単独での賃借が増加している現状では、連帯保証人のなり手がいないという実情もあり、必然的に家賃保証会社による保証制度が普及したという背景があります。

貸主にとって住居を貸すということは利益を追求するための事業ですから、当然収支が不安定になるようなリスクについては、事前に回避策を講じておくことになります。家賃を滞納されると、本来得られるはずの収益がなくなってしまうので、賃貸経営においては直接的かつ大きなリスクとなります。そこで登場したのが家賃保証会社であり、家賃保証制度です。

契約者が滞納した家賃分を連帯保証人ではない親族に対しても請求を行っても大丈夫なものでしょうか?

未成年者と契約する場合の注意点や必要な手続きと、もしも家賃滞納が発生してしまった場合はどうなるかについて解説しています。

2014年度の家賃保証会社の総収入高は約675億1000万円。前年度から24.1%もアップしています(参考『家賃債務保証会社48社の経営実態調査』帝国データバンク)。入居者の方も、オーナーの方も賃貸を巡って経済的な不安がある方は、家賃保証会社の利用を検討してみましょう。

家賃保証会社とは、入居者が家賃を支払えなくなったときに家賃を立て替える会社です。家賃を支払えなくなる理由は、コロナによる収入減少だけではありません。友人の連帯保証人になったが友人が失踪した、病気や怪我で多額の医療費がかかったなど、さまざまな理由が考えられます。家賃を支払えなくなった場合、借金をしてでも支払うように伝えることは現実的ではありません。 家賃保証会社を利用すれば、このような家賃滞納のリスクに備えられます。また、保証人がいないために入居できなかった人も家賃保証会社の利用を条件に受け入れることができます。より多くの人が入居者の候補になれば、それだけ賃貸経営が安定するでしょう。

資産状況を開示することに対し、嫌悪感をいだかれる事や、また、開示された内容も判断が難しいため、連帯保証人の引き受け自体にリスクを感じられてしまう。 なお、虚偽・偽装による開示が発覚した場合、保証人契約自体が無効となるので、賃貸人(テナント等のオーナーさま)にとって、この部分もトラブルの要因に…。

家賃保証は賃金業のような法律も監督官庁もないため、一部では悪質な取り立てや執拗な督促をおこなっている会社もあるようです。もっとも、近年では家賃保証会社の加盟する業界団体が、自主規制ルールを設けて健全化を進めているので、悪質な取り立てなどが怖くて申込みをためらわれるという方は、きちんとした団体に所属する家賃保証会社を選ぶと安心です。

このタイプの方は、過去にも家賃滞納を繰り返している場合がほとんど。強制執行での立ち退きとなることもありますが、支払い能力がないので執行費用までオーナーの負担となってしまいます。

ネットユーザーの反応

バスケス上等兵 (旧 大ちゃん osakan)
賃貸契約上、ほぼ無条件に加入させられる家賃保証システムだが大半の借主は利用する事はないと推測。こうした費用は滞納を嫌がる家主側負担すべきと考える。声を上げよう。 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも…
@yosiokamamoru
家賃保証の利用急増 トラブルも 0445 . 続きはプロフのリンクから
HK
家主側が借主の承諾を得ず、家賃を値上げ。その値上げ分を保証会社が支払い、まとめて借主に請求するという悪質な例を先日聞いた。天からの雷が必要な業界ではあると思う。 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも :…
桜人
「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも(読売新聞オンライン) 「保証会社側に有利な契約条項はまだ多い」。 契約書に書いてあることを絶対と思うべからず。 法令や国…
なかじまようこ
あ、これか。 家主のための仕組みなのに なぜか借主の方が 金を支払わなければならない 摩訶不思議な仕組みwww 借主にはデメリットしかないwww 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも …
小手川征也(スノーキー)・ループイフダン(リピート系FX)とIOST大好き
「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも TwitFi
株で兆る女
株で1億円を稼ぐ情報はこれだけでおk。 : 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも
ハトさん
いろいろな貧困ビジネスが出てくる。。 社会運動が対抗していくしかない。多くの人に運動に参加してほしい。 住居については、自治運動も大切です。 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも(読売新聞オンライン) #…
🐰s_a_r_i_❄️_2_🐇#MaskUp😷
深夜訪問や脅迫めいた取り立ては論外だけど、家賃踏み倒しや居座りの悪質な借り主の話はたくさんあるよ。大家のほうが不利な立場に置かれてる気がするけど🙁 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも(読売新聞オンライン)
takeshi74
「正直不動産」という漫画が成立するような業界なので…(;´Д`) 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも(読売新聞オンライン) Yahooニュース
らくさいキャット
ゴメン、言っていいかな? 貸す側からすれば家賃滞納する借主が一番問題あるんやで❗️ うちも保証会社と契約してます。 「家賃保証会社」利用急増も悪質な取り立て、追い出しでトラブルも ldnews
koji hasegawa
こうなるやろうなぁ。。。家賃の取り立てで刺されてたやんか。こないだ。 「家賃保証会社」の利用80%に急増、悪質な取り立て・追い出しでトラブルも : 読売新聞オンライン

-トレンドワード, ニュース, ビジネス
-