wordpress ビジネス ブログアフィリエイト

レンタルサーバーって何?レンタルサーバーの種類についても紹介

2022年8月30日

レンタルサーバーって何か分かりますか?

レンタルサーバーについて知りたいという方向けにレンタルサーバーとは何かなど紹介します。

すでに詳しい方は改めて確認するつもりで読んでみて下さい。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーは、サーバーを貸し出すサービスのことです。

ホスティングサービスやサーバホスティングと言ったりします。

ホームページ、アフィリエイトサイト、ネットショップなどを運営する時にサーバーは必要です。

自分でサーバーを持つこともできますが、設備購入、24時間の起動管理、故障した時のメンテナンスなど、高い費用と手間がかかるため、レンタルサーバーを利用する人が増えてきています。

サーバーの貸し出し対象は個人、法人関係ありません。

レンタルサーバーの種類

専用サーバー

1台のサーバーを独占して利用できるサービスです。

契約者の好きなように設定ができるため自由度が高く、1台のサーバーを複数人で共有する共用サーバーと比ベて性能が良いことが主な特徴です。

サーバーの設定や運用は契約者がする必要があり、専門的な知識が必要になります。

特定のスペースを用意したり電気代を支払ったりする必要がないのはメリットです。

VPS(仮想専用サーバー)

共用サーバーと専用サーバーが合わさっているサービスです。

1台のサーバーを複数人で共有するのは、共用サーバーと同じですが、1台のサーバーで契約者ごとに領域を区切っているので1つのサーバーのように設定して提供されるため、自由度は専用サーバーと変わりません。

共用サーバーよりもスペックが高いのが主な特徴です。

専用サーバーのようにサーバーの設定や運用を契約者がする必要があります。

クラウドサーバー

一つのサーバーを複数人で共有するのは、VPSと変わりません。

必要に応じて利用するスペックを追加したり、減らしたりできるため、VPSより高機能のサーバーです。

レンタルサーバーの選び方

費用で選ぶ

レンタルサーバーを契約する時に重要なのが費用です。

料金が無料のレンタルサーバーもありますが、基本的には費用が高いとスペックや機能も良くなります。

必要な機能やサーバー容量を知っているとサイト運用に合うプランを見つけやすいです。

レンタルサーバーは、契約の初期費用、月々の利用料としての月額費用か年単位の年額支払いという2つの料金形態となっています。

使い続けるとランニングコストがかかるため、実際の支払いがいくらなのか確認し、経済的負担にならない料金プランを選ぶと良いです。

実績を元に選ぶ

実績のチェックも大切です。

利用実績のあるレンタルサーバーは運用サイト数が多く良いサーバーです。

信頼性と満足度の高いサービスを選ぶなら利用実績は1つの判断基準となります。

サイトの規模

サイトの規模に合ったレンタルサーバーを選ぶことも大事です。

個人ブログと法人のECサイトでは、必要なサーバー容量が違います。

容量によって料金が変わるため、どの程度の規模のサイトを運営するのかを決めて、レンタルサーバーの種類を決めると良いです。

個人用のブログの場合は、容量は10GB前後で十分なので共用サーバーがおすすめです。

まとめ

今回は、レンタルサーバーについて紹介しました。

レンタルサーバーについて知りたかった方は参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

容量によって料金が変わるため、どの程度の規模のサイトを運営するのかを決めて、レンタルサーバーの種類を決めると良いです。

個人用のブログの場合は、容量は10GB前後で十分なので共用サーバーがおすすめです。

紹介した内容を参考にしてレンタルサーバーに関する知識を深めて下さい。

-wordpress, ビジネス, ブログアフィリエイト