FX ビジネス 投資

FX初心者が最初に覚える専門用語はこの3つです

2022年6月9日

FXには色々な専門用語があり、これらの専門用語をすべて覚えるためにはかなりの時間を要します。

さらに、FX初心者にとっては専門用語もそうですが、他にも覚えなければならないことが山ほどあります。

 

そのため、FX初心者の場合には、最低限覚える必要がある専門用語のみ覚えた方が効率が良いです。

そこで、この記事ではFX初心者が最初に覚えるべき専門用語として、4つの専門用語について解説します。

最初に覚えるべき専門用語はこの3つ

FX初心者が最初に覚えるべき専門用語は下記の3つになります。

覚えるべき専門用語

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • スワップポイント

何故なら、これら3つのFX専門用語はFXではよく出てくる専門用語となっています。

そして、これらの専門用語の意味を理解する事によって自分にとって有利なFX会社に口座開設を行う事が出来るからです。

レバレッジ

これからFXを始めようと思っている人にとっては、このレバレッジはほぼ間違いなく聞いた事があると思います。

そこで、このレバレッジですが、簡単に言えば『テコの原理』と同じ意味になります。

何故なら、このレバレッジを使う事によって、少ない証拠金でもより大きなお金を動かす事が出来るからです。

 

そして、取引が成功すれば少ない証拠金でも大きな利益を得る事が出来るため、FXにおいてこのレバレッジはとても重要な役割を果たしています。

例えば、証拠金10,000円でレバレッジ10倍の場合の計算方法は下記の通りです。

10,000円×10倍=100,000円

実際にはFX口座内に10,000円しか入っていないにもかかわらず、FX取引では100,000円分のお金を動かす事が出来るのです。

そのため、FXは一攫千金を狙いやすいとも言われています。

 

ただ、このレバレッジですが、何も良い事ばかりではありません。

あまりレバレッジを高くしてしまうと、取引が成功した時は良いのですが、万が一失敗してしまうとより大きな損失を出してしまう可能性があるのです。

そのため、最初からレバレッジを高くし過ぎてしまう事は、あまり良いとは言えません。

 

DMMFXの最大レバレッジは25倍

スプレッド

このスプレッドですが、簡単に言えばFX取引においてFX会社に支払う手数料になります。

これは、FX取引を行うと分かりますが、FXでは通貨売買の際に表示される為替レートは『SELL』と『BUY』で表示されています。

USD/JPY=SELL=130.000、BUY=130.015

この為替レートの表示では、SELLとBUYのレートに0.015の差があり、この0.015が実質FX会社に支払う手数料(スプレッド)になります。

 

ちなみに、この場合USD/JPYで利益を得るためには、BUY(買値)が130.015なのでSELL(売値)が130.016以上になる必要があります。

つまり、FXではポジションを保有した段階ではマイナスからスタートする事になるのです。

※この例では買値130.015で売値130.000なのでマイナス0.015

そのため、FXではスプレッドの幅が大きい通貨ペアよりもスプレッドの幅が狭い通貨ペアで取引した方が利益が出やすくなります。

 

DMMFXでは低スプレッドでの取引が可能

スワップポイント

このスワップポイントですが、各通貨ペア間の金利差になり、当該通貨ペアを保有している期間において毎日受け取る事が可能です。

そして、この金利差が大きければ大きいほどスワップポイントも大きくなります。

 

例えば、低金利の日本と高金利の南アフリカ、通貨ペアではZAR/JPYになりますが、この通貨ペアのスワップポイントは1日当たり100円前後となっています。(10万通貨あたり:当記事執筆時点)

つまり、この場合ZAR/JPY10万通貨を30日間保有するだけで3,000円のスワップポイントを受け取る事が出来ます。

ただ、為替相場の動きによっては通常の取引でスワップポイント以上の損失が出る可能性があるため注意が必要です。

まとめ

ポイント

●レバレッジを使えば少ない証拠金でも大きなお金を動かす事が出来る
●スプレッドの幅が狭ければ狭いほど利益が出やすい
●スワップポイントとは通貨ペア間の金利差になりこの金利差が大きいほどスワップポイントも大きくなる

-FX, ビジネス, 投資
-