スポーツ ニュース

【中山6R新馬】メイショウフジ差し切りV 大野「センスがある」(スポニチアネックス)

【中山6R新馬】メイショウフジ差し切りV 大野「センスがある」(スポニチアネックス)
 中山6R新馬戦(ダート1800メートル)は、大野騎乗の9番人気メイショウフジ(牡=和田勇、父ホッコータルマエ)が差し切り勝ちを収めた。

 鞍上は「外に出してエンジンがかかってからは別馬のように伸び

[紹介元] スポーツ - Yahoo!ニュース 【中山6R新馬】メイショウフジ差し切りV 大野「センスがある」(スポニチアネックス)

中山6R新馬 メイショウフジ差し切りV 大野

岩田望来騎手が騎乗した4番メイショウサンガが最後の直線コースで外側に斜行し、2番ナリタザクラの走行を妨害しました。 このことについて、その走行妨害がなければ、2番ナリタザクラは4番メイショウサンガより先に入線したと認めたため、4番メイショウサンガを第2着に降着としました。 この件について、岩田望来騎手は11月14日(土曜)から11月22日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

浜中俊騎手が騎乗した6番メイショウワザシが4コーナーで内側に斜行したため、10番ダイメイコリーダの進路が狭くなりました。 この件について、浜中俊騎手は10月17日(土曜)から10月25日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

四位洋文騎手が騎乗した2番ナリタアレスが最後の直線コースで内側に斜行したため、9番メイショウサンガの走行を妨害しました。 この件について、四位洋文騎手は3月14日(土曜)から3月21日(土曜)まで8日間の騎乗停止となりました。

クラブ所属馬 トロワゼトワル(牝5歳 父ロードカナロア 母セコンドピアット 母の父ハーツクライ 栗東・安田隆行厩舎)が、9月13日に中山競馬場で行われた京成杯オータムハンデ(G3・芝1600m)で見事に優勝しました。レースでは五分のスタートを切ると、逃げた昨年と違って、好位2番手を追走。直線で鞍上の横山典弘騎手のゴーサインが出ると、坂を苦にせずジワジワと逃げ馬に馬体を併せていきました。最後は外からの追撃もあって3頭の叩き合いとなりましたが、熾烈な争いを見事ハナ差制して先頭でゴール。このレースの連覇を達成するとともに、サマーマイルシリーズの優勝馬にも輝きました。勝ちタイムは1分33秒9でした。5歳にしてなおレース振りは進化を重ねていますので、待望のG1制覇というさらなる高みを目指します。引き続き皆さまからの温かいご声援のほどを、どうぞよろしくお願いいたします。

クラブ所属馬 ヨカグラ(セン5歳 父ハービンジャー 母ダンスオールナイト 母の父エルコンドルパサー 栗東・中竹和也厩舎)が、7月28日に小倉競馬場で行われた小倉サマージャンプ(J・G3)で優勝し、自身初となる重賞タイトルを獲得しました。前走を勝って弾みをつけて臨んだレースでは、最後方からの追走となりましたが、徐々に上昇を開始すると、勝負処へ向かう頃には早くも先頭に立ちました。2馬身ほどリードを保って最後の障害飛越を終えると、2番手から障害G1・2勝を誇る強敵アップトゥデイトが迫りましたが、本馬の脚色も最後まで衰えず、最後は2馬身半差振り切って悠々先頭でゴール板を駆け抜けました。勝ち時計は3分41秒3でした。本馬は平地1勝ながら、現状打開を狙って4歳時に障害へ転向したのが功を奏し、その後はレース経験を積みながら着実に力をつけてくれました。気ムラな面があるものの、今回は前々走の敗戦を糧に、西谷騎手が最高のエスコートで本馬を初重賞制覇に導いてくれたと思います。この後は今年12月22日に中山競馬場で行われる、中山大障害(J・G1)を大目標にローテーションを組んでいく予定で、さらなるビッグタイトル獲得に向けて益々のご声援をよろしくお願いいたします。

先週の秋華賞は、100円玉一枚が1100万円に化けるという大荒れレース。牡馬のクラシック最終戦である菊花賞はもうちょっと秩序というのを望みたいと思っていたのですが、なんですか、このしょうもないメンバーは。 皐月賞馬キャプテントゥーレは故障、NHKマイルとダービーの覇者ディープスカイは天皇賞参戦で回避、2歳チャンピオンのゴスホークケンは3歳以降鳴かず飛ばずと、要はG1ウイナーが皆無の上、重賞勝ち実績のあるのも18頭中わずか3頭。はっきり言ってこれはG1ではない、「菊花特別」とでもいうのが相当なのであります。これに比べれば先週の秋華賞の方がまだしもゴージャス、と言うことは、例年もつまらんのですが今年は輪をかけてとことん救いようのないつまらんレースと断言せざるを得ないのだ、今年の菊花賞は。 人気を見ると神戸新聞杯でディープスカイ相手に善戦したと言うだけでオウケンブルースリという重賞未勝利の馬が一番人気に押されている。2番人気のマイネルチャールズは、中山以外実績のないプチ・マツリダゴッホみたいな奴だし、はっきり言って3000mと言う距離が全員未経験な前提ではとことん荒れると見たねこのレース。 メンバーがここまでしょぼいと、実績よりは私が日頃から提唱している「菊花賞馬京都適性説(くわしくは3年前の当欄参照)」を優先させたいというわけで、本命指名はロードアリエス。京都競馬場では連を外していない上、前回休み明け22kg増で神戸新聞杯をディープスカイと0.4秒差、オウケンブルースリと0.3秒差は十分に圏内と考えます。対抗は血統が見事に長距離のフローテーション、穴でかんべえ師匠が愛してやまないマンハッタンカフェの子メイショウクオリア(京都実績2−0−0ー1)。 ◎○▲がそれぞれ8番人気、15番人気、10番人気なんで、はっきり言って当たって砕けろなんですが、まぁ、オウケンブルースリから買っても不確実性は変わらないことを考えればナイスな選択なんじゃないですかね。ああ、それにしても返す返すつまらんレースだ。こんなつまらんレースを見るよりは、同じ日にアメリカのブリーダーズカップを走るカジノドライヴを応援しようよ、みんな。 上海馬券王〇今日の結果 <菊花賞> ?オウケンブルースリ ?フローテーション ?ベンチャーナイン〇かんべえのつぶやき ――スター不在の中で本命馬が勝つ、という妙味の乏しいレースとなりました。3000メートルと距離が長く、「強い馬が勝つ」といわれる菊花賞ですが、オウケンブルースリはホントに強かったんでしょうか。むしろ内田騎手が上手に乗ったかなあ、という感じです。 ――それにしても、ディープスカイがここを飛ばして秋の天皇賞に向かってしまったのは残念ですね。正直言って、G1馬の居ない菊花賞なんてもう見たくないよ〜。ま、その分、来週の天皇賞はにぎやかな顔ぶれが揃いました。ウオツカやメイショウサムソンが出るわけですからね。 ――ハッと気がついたら、11月2日のワシはATICの仕事が入っておる。ふむ、でも会場が東京ドームのプリズムホールということは、出番が終わったらすぐに水道橋のWINSに飛び込めばよいではないか。よしよし、勝負するぞ〜。 10月19日(日) えー、プロ野球もシーズンが終了して現在クライマックスシリーズと言うのをやっているわけですが、なんかセ・パ両リーグとも3位の球団の元気が良さそうな感じで、なんなんでしょうね、これは。仮に日本シリーズが中日対日ハムなんてことになると、笑っちゃいますな。こんなの日本シリーズじゃなくて、裏日本シリーズ(おっと、「裏日本」と言うのは放送禁止用語でしたな。「日本海岸シリーズ」と言い直しますか。)ではありませんか。 いや、確かに私はかなり熱烈な中日ファンではあるのですが、それでもシーズン勝率が5割ちょっとという成績で日本シリーズに出れるかもしれないという環境を与えられている現状には大変気恥ずかしいものを感じざるを得ないのであります。ああ、恥ずかしい。本当に恥ずかしい。でもなあ、意外と行っちゃうかもしれないな日本シリーズ。「荒れる年は中日」ってことなら、今年はまさにそういうパターンだし、「クライマックスなんかおかしい」と公言してはばからない落合はそういうことを自ら証明するためにしゃかりきに仕事しそうだし。あーあ、そういう想像するだけでも恥ずかしい。 でもねえ、こうも思うのです。高次元の優勝争いを繰り広げた巨人・阪神というのも恥ずかしいと言うことで言えば同じなんじゃないかって。同じリーグの下位球団からエースとか4番を引っこ抜き、弱体化したそのチームをボコボコにして貯金を荒稼ぎすると言うビジネスモデルは、はっきり言って大変醜悪だし、野球産業全体の長期的成長を著しく阻害しているのではないかって。そりゃ、中日だって横浜から谷繁とかウッズとか引っこ抜いたけどさ、毎年はやってないでしょ。そんなひどい事。それに引き替え巨人とか阪神なんて毎年じゃんか。君たちいい加減にしたまえ。 というわけで仮に来年、川上とか井端とか岩瀬が移籍したら私は多分暴れると思うので巨人阪神の編成担当者は注意するように。と、言うか絶対暴れてやるう!

クラブ所属馬 シャムロックヒル(牝4歳 父キズナ 母ララア 母の父Tapit 栗東・佐々木晶三厩舎)が、6月20日に阪神競馬場で行われたマーメイドS(G3・芝2000m・牝馬限定)で見事に逃げ切り、殊勲の藤懸騎手とともに重賞初制覇を飾りました。レースでは五分のスタートを切ると積極的なレース運びを展開し、道中はスムーズに主導権を握りました。3~4コーナーで後続を引きつけて直線コースに入ると、外から並びかけられながらもコンビを組む藤懸騎手が懸命に追い出していき、それに応えるように驚異の二枚腰を発揮しました。さらにゴール前で大外から追い込んできた馬の強襲に遭いましたが、見事にクビ差抑えて先頭でゴール板を駆け抜けました。勝ちタイムは2分00秒4でした。今年1月の寿Sのレース後は反動もあってコンディションを落としてしまいましたが、放牧先で丹念に立て直されたことや得意の右回りに条件が変わったことで、約5ヵ月の休み明けをものともせず、しっかり勝ち切ってくれました。また、社台グループオーナーズで活躍した半姉サラスに続く、姉妹での同レースの重賞制覇となり、結果的に格上挑戦が功を奏するかたちで晴れて重賞ウイナーの仲間入りを果たしました。この先さらなる高みを目指す本馬へ、引き続き皆さまからの温かいご声援のほど、よろしくお願いいたします。

大野拓弥騎手が騎乗した1番ピクトルテソーロが最後の直線コースで外側に斜行したため、4番ミッションレールの進路が狭くなりました。 この件について、大野拓弥騎手は8月14日(土曜)から8月22日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

クラブ所属馬 ランブリングアレー(牝5歳 父ディープインパクト 母ブルーミングアレー 母の父シンボリクリスエス 栗東・友道康夫厩舎)が、3月13日に中山競馬場で行われた中山牝馬S(G3・芝1800m)で待望の初重賞制覇を飾りました。直前まで降りしきった雨によりタフな馬場コンディションのなかのレースになりました。五分のスタートからリズムを重視した追走でしたが、3~4コーナーではのめるような場面も見られました。それでも終始馬場の良い外めにエスコートした武豊騎手の好判断も光り、最後の直線では緩んだ馬場にもかかわらず1頭だけ力強い伸びを見せて追い込み、最後はハナ差の接戦を制して先頭でゴールを駆け抜けました。勝ちタイムは1分54秒8でした。前走の愛知杯(G3)では勝ちパターンに持ち込みながら、 クラブ所属馬マジックキャッスルに惜しくもクビ差及ばず勝利を手にできなかったものの、今回は逆に見事差し切って念願の重賞タイトル獲得と、その無念を晴らしてくれました。この先の動向にも注目が集まるところで、さらなる高みを目指す本馬へ、皆様からの変わらぬ温かいご声援のほど、よろしくお願いいたします。

吉田隼人騎手が騎乗した4番モンファボリが最後の直線コースで外側に斜行したため、8番メイショウハボタン、10番ザイラおよび12番ベッラヴォルタの進路が狭くなりました。 この件について、吉田隼人騎手は9月4日(土曜)から9月12日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

クラブ所属馬 エリザベスタワー(牝3歳 父Kingman 母Turfdonna 母の父Doyen 栗東・高野友和厩舎)が、3月6日に阪神競馬場で行われた桜花賞トライアル・チューリップ賞(G2・芝1600m)で、見事に重賞初制覇を飾りました。レースでは五分のスタートから行き脚がついて先行グループに加わりました。道中は折り合いを重視して運び、直線コースを迎えて最内に潜り込むと、川田騎手の合図に応えて力強く脚を伸ばし、最後は先に抜け出したメイケイエールとの首の上げ下げの大接戦に持ち込みました。長い写真判定の結果、1着同着となり、待望の初重賞タイトルを手中に収めています。勝ち時計は1分33秒8でした。また、4月11日に同じ舞台で争われる桜花賞(G1・芝1600m)への優先出走権も獲得しました。本年の3歳牝馬クラシック戦線を占う重要な1戦を制し、今後の飛躍がますます期待されます。次の大一番でも引き続き皆さまからの盛大なご声援を、どうぞよろしくお願いいたします。

4月20日(日)中山競馬場で行われた第74回皐月賞(G1・芝2000m)で、クラブ所属馬イスラボニータが優勝しました。スタートを五分に出ると先行集団の後ろ8番手付近を追走、ぴったり折り合いも付いて直線で満を持して外に持ち出されると、最後は1番人気のトゥザワールドとの競り合いを1馬身1/4差制して1着でゴール、見事にクラシック第一冠を制したものです。各トライアルレースを勝ち上がってきた強豪との初対決で、しかも初体験の中山コースと2000mの距離など諸々の条件を克服しての勝利だけに、価値あるものといえます。同馬は父がサンデーサイレンスの第一期生フジキセキ、母は米国のG2レース2着の実績があるイスラコジーン(その父Cozzne)という血統の牡馬で、2011年(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。これで通算成績は6戦5勝となりました(ほかに重賞は共同通信杯-G3、東京スポーツ杯2歳S-G3勝ちの2勝)。 管理する栗田博憲調教師が、デビュー前の調教から跨ってきた蛯名正義騎手、生産から育成に携わった白老ファームと早来ファーム、調教と放牧休養時の調整を担ってきた社台ファームと山元トレーニングセンターのそれぞれの牧場スタッフ、厩舎スタッフの力が結集しての勝利と強調しているように、このパワーは強固なものです。次の大目標ダービーに向けて、これからも前進していきます。

ネットユーザーの反応

こぐま
2023/01/21 中山6R 3歳新馬戦 メイショウフジ & 大野拓弥J (ホッコータルマエ産駒) 和田勇介厩舎 デビューおめでとう✳︎
オカピー
【中山6R新馬】出直しデビュー戦のメイショウフジ、外から末脚イッキ 和田勇師「ひと息入れて中山の方がいいかも」
競馬ファンのこえ@単複馬連ワイドで手堅く増やす!
【メイショウフジ】1/21中山6R ダ1800 3歳新馬 メイショウフジ 大野拓弥 ホッコータルマエ 3歳新馬
マツタケ@アマチュア競馬実況者 京都部屋親方
【中山 3歳新馬】 4R プリンスノット ダ1200 クリストフ・ルメール 父パドトロワ 母シンデレラロマンス 6R メイショウフジ ダ1800 大野拓弥 父ホッコータルマエ 母メイショウミハル 従兄にメイショウハリオ、テーオーロイヤル兄弟…
azemin(競馬専用アカウント)
今週の新馬・未勝利戦評価 中山 1月21日(土) 新馬 ダ1200mプリンスノット★★★★ ダ1800mメイショウフジ★★★★ 未勝利 ダ1200m(牝)ベアカワイコチャン★★★ ダ1200mターンソウル★★★ ダ1800mデルマヨリキリ★★★ 芝2000mアンバーホーク★★★★
じん
中山6Rの新馬戦は ホッコータルマエ 産駒の メイショウフジ  おめでとうございます🎊 東スポ競馬 競馬 POG
ぼすとん(・¨●)
【中山6R新馬戦結果】9番人気メイショウフジが追い込みを決めて勝利( Yahooニュース
-勝利の方程式- holiday中央競馬 / JRA・交流重賞専用の情報交換・馬券予想チャット
「新馬戦」(21日、中山)  暮れの新馬戦を左後肢挫創で取り消し、仕切り直しの一戦となった9番人気のメイショウフジ(牡3歳、父ホッコータルマエ、母メイショウミハル、美浦・和田勇)が、4角11番手から最速上がりで豪快な差し切りV…
モブ
2023/01/21 中山6R新馬戦 大野拓弥騎手騎乗、メイショウフジ号🐴 エグい末脚❗️おめでとうございます👏
🐴しばだあと🐴
【新馬/中山6R】9番人気メイショウフジがデビューV 競馬のおはなし 1/21(土) 19:57
りる
2023.1.21 中山6R 3歳新馬 勝ち馬のメイショウフジと大野拓弥騎手 写真追加👍 9番人気で豪快な差し切り勝ち✨ おめでとうございます🎊 メイショウフジ 大野拓弥 ホッコータルマエ産駒 三嶋牧場 中山競馬場 https:/…
マジみっきー
2023年1月21日 中山6R 3歳新馬 ダート1800m 優勝 メイショウフジ〔大野拓弥〕 タイム1.58.5 後方にいたメイショウフジが先に抜け出したコルサファターレをゴール前て上り最速37.8の脚で捕えて優勝! いやあああ、ダイワメジャー孫!!!強い!! 3歳新馬 メイショウフジ 大野拓弥 和田勇介
狙い過ぎてカスって終わる
中山6R 新馬戦 大野騎手💖 🐴メイショウフジで🥇✨ 今年の4勝目㊗️🎊 通算663勝目🌟🌟 おめでとうございます🥰🎉
番茶/甲鉄艦『煉獄』
【中山6R 3歳新馬(ダ1800)】 1頭際立つ脚を見せたメイショウフジが、先に抜けたコルサファターレを差し切っての勝利。父ホッコータルマエ、従兄にメイショウハリオ、テーオーロイヤル兄弟。 大きく離されましたが、3位入線は14番人気の大穴ジュングン…
🐴しばだあと🐴
【中山6R・3歳新馬】メイショウフジが豪快に差し切る 大野拓弥騎手「エンジンかかってからは別馬」 スポーツ報知 1/21(土) 13:47

-スポーツ, ニュース
-, , , ,