スポーツ ニュース

浦和が古橋ライバルのギリシャ代表FW移籍でセルティックと合意と現地報道!ユンカーの後釜に総額5.6億円を用意か(SOCCER DIGEST Web)

2023年1月17日

浦和が古橋ライバルのギリシャ代表FW移籍でセルティックと合意と現地報道!ユンカーの後釜に総額5.6億円を用意か(SOCCER DIGEST Web)
 浦和レッズが争奪戦をほぼ制したようだ。

 移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ記者は日本時間1月17日、次のようにツイートした。

「浦和レッズはセルティックとギオルゴス・ギアクマキスの移籍で

[紹介元] スポーツ - Yahoo!ニュース 浦和が古橋ライバルのギリシャ代表FW移籍でセルティックと合意と現地報道!ユンカーの後釜に総額5.6億円を用意か(SOCCER DIGEST Web)

浦和が古橋ライバルのギリシャ代表FW移籍でセルティックと合意と現地報道ユンカーの後釜に総額56億円を用意か SOCCER DIGEST

浦和ユンカー、今冬Jリーグに別れ? 米MLSクラブの獲得オファー浮上…海外報道「アメリカへ旅立つ可能性」

ギアクマキス浦和移籍でシャルク退団?蘭紙「外国人枠問題で放出へ…」

一方、スコットランドの地元紙『Dailly Record』は、浦和がギアクマキスに「2倍」を提示したと報道。約400万ポンド(約6億6000万円)の移籍金を用意していると伝えた。

J1浦和、ポーランド人のマシエイ・スコルツァ新監督にエール続々 「頼むぞ」「信じてついていくのみ」

J1浦和、来シーズン指揮官にポーランド人のマシエイ・スコルツァ氏が就任 「無限の可能性を秘めている」

浦和が今季初の対外試合で5-1勝利 高い位置からのプレーにGK西川も手応え「練習でやってきたものよりできている印象」

今季浦和レッズはFW陣の入れ替わりが激しくなっている。興梠慎三が北海道コンサドーレ札幌から復帰し、ロアッソ熊本から髙橋利樹を獲得したが、キャスパー・ユンカーは名古屋グランパスへ期限付き移籍。新体制発表会では、西野努TDが引き続き補強を行っていくことを明かしている。そんな中で噂となっているのが、古橋亨梧のライバルとなっているギリシャ代表FWの獲得だ。2020-21シーズンにはエールディヴィジで26ゴールを挙げて得点王となったギオルゴス・ギアクマキスであり、現在はセルティックでプレイ。今季はここまでリーグ戦19試合6ゴールとなっている。体格を生かした強さを発揮してゴール前で存在感を見せるギアクマキス。185cmという長身も大きな武器となり、浦和へ加入すれば最前線で大きな補強となるだろう。またスコットランドメディア『Football Scotland』によれば、セルティックは全北現代モータースに所属し、韓国代表としてFIFAワールドカップ・カタール大会でも活躍したチョ・ギュソンの獲得を狙っていると報道。ガーナ戦では2ゴールを決め、その名を一気に広めた韓国のニュースターをギアクマキスの後釜として考えているかもしれない。また英紙『Daily Record』によれば、ギアクマキスに対しては浦和のほかにミッティラン(デンマーク)が獲得を示しており、浦和との競合となる様子。新たなエース候補を探す浦和は、ギリシャ代表のストライカーを迎え入れることができるのだろうか。セルティックとチョ・ギュソンの動向にも注目だ。

浦和レッズは国際的な競争を制し、新たなストライカーを獲得できるのだろうか。

ネットユーザーの反応

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

-スポーツ, ニュース
-, , , ,