スポーツ ニュース

カントナ氏、古巣ユナイテッドと喧嘩別れのC・ロナウドに苦言「自分が25歳だと思っている」(超WORLDサッカー!)

2023年1月16日

カントナ氏、古巣ユナイテッドと喧嘩別れのC・ロナウドに苦言「自分が25歳だと思っている」(超WORLDサッカー!)
元フランス代表MFのエリック・カントナ氏が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの振る舞いに苦言を呈した。スペイン『マルカ』が伝えている。

今夏に移籍騒動がありながら、マンチェスター・ユナイ

[紹介元] スポーツ - Yahoo!ニュース カントナ氏、古巣ユナイテッドと喧嘩別れのC・ロナウドに苦言「自分が25歳だと思っている」(超WORLDサッカー!)

カントナ氏 古巣ユナイテッドと喧嘩別れのC ロナウドに苦言

元マンチェスター・ユナイテッドのエリック・カントナ氏は、クリスティアーノ・ロナウドについて語った。

一方、カントナ氏は現役時代にマンチェスター・Uの“キング”として活躍しながらも、1997年に30歳で現役を引退。C・ロナウドと対照的な幕引きを選んだ同氏は、『MEN』紙のインタビューで次のように語っている。

元フランス代表MFのエリック・カントナ氏が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの振る舞いに苦言を呈した。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏に移籍騒動がありながら、マンチェスター・ユナイテッドに残留したC・ロナウド。しかし、エリク・テン・ハグ新監督が就任した今季は序列が下がると、昨年10月の試合では出場拒否および無断退席によって一時トップチーム追放処分を科されるなど、ベテランらしからぬ問題行動が目立っていた。 さらに、11月中旬にはイギリスのテレビ『TalkTV』のインタビューでクラブの内部批判を展開したことで、ユナイテッドは数日後に契約解除を決断。計8年半を過ごしたクラブとの別れは遺恨の残るものとなった。 昨年末にはサウジアラビアのアル・ナスルへの加入が決まり、同国中から熱烈な歓迎を受けているC・ロナウド。しかし、ユナイテッドのOBであるカントナ氏はベテランとしての立ち振る舞いができていないとバッサリ切り捨てた。 「ベテラン選手には2つのタイプがいる。自分がまだ25歳だと思い込んでいて全試合に出場したいと願う選手と、自分がもう若くないことに気づき、若い選手たちを助けるためチームで努力する選手だ。彼はすべての試合に出場できるわけではなかったが、自分の出番が確実にあることはわかっていたはずだ」 「ズラタン・イブラヒモビッチは今でもミランでやっているし、ユナイテッドでのライアン・ギグスやパオロ・マルディーニがミランにいた頃もそうだった。クリスティアーノ・ロナウドは自分が25歳でないことに気づいていない」 「彼は年を重ねているのだから、すべての試合でプレーできないことを不満に思うのではなく、若い選手たちを助けて、自分の状況を受け入れようと気づかなければならなかった」 「30歳の頃のように速く走ることはできないと受け入れなければならない。私がいつか死ぬのと同じようにだ。難しいが、受け入れるしかない。キャリアの終わりは死と同じように感じるだろうが、また何かを始めなければならない。そして、死ぬ前に、自分が老いていくことを受け入れなければならないのだ。昔やっていたことができなくなるは当然なのだから」 アル・ナスル加入時にはすでにウズベキスタン代表FWジャロリディン・マシャリポフが着用していた背番号「7」を譲ってもらい、外国籍選手枠の問題からカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカルを放出して選手登録が行われるなど、異例の待遇を受けているC・ロナウド。中東の地でも“王様”として振る舞うのだろうか。

ネットユーザーの反応

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

-スポーツ, ニュース
-, , , ,