ファッション 筋トレ・健康法

筋トレをして筋肉を作るにはタンパク質が欠かせません

2023年1月17日

一口に筋トレといっても 取り組む動機は人によって様々でしょう

コンビニで食事を調達する場合は、サラダチキンやプロテインバー、海藻を使用したサラダ、野菜がたっぷり入ったスープなど、ダイエット向きの食品・メニューを選ぶのがおすすめです。また、主食ではなく主菜・副菜から選ぶのもポイント。主食を重視すると、丼ものやパスタなど高カロリーなメニューを選んでしまう可能性があります。筋トレによる効果を無駄にしないためにも、栄養バランスに気を配りながら食事を選ぶことが大切です。

筋トレと食事の関係はとても深く、正しいタイミングで食事をすることで、筋トレの効果をよりアップさせることが可能です。

上述したように、筋トレの効果を最大化し効率よく筋肉をつけるには、タンパク質の摂取が欠かせません。そこで役立つのが「プロテイン」です。ドリンクタイプや粉末タイプなど複数の種類があり、そのどれもがタンパク質の摂取を目的として作られています。余計な物質の摂取を抑えつつ、タンパク質を手早く摂れるため、プロテインは筋トレするうえで強い味方になるといえます。

筋トレ後の食事は、具体的にどんな栄養素をどのタイミングで摂るのがよいのでしょうか。詳しく解説していきます。

筋トレをして筋肉を作るにはタンパク質が欠かせません。しかし、タンパク質だけではなく主食や副菜、牛乳・乳製品、フルーツなど多くの食材をバランスよく適切な量で摂取することが大切です。

なお、「ひとりだと筋トレ・ダイエット向きの食事を継続できる自信がない」という方は、ぜひ24/7Workoutをご利用ください。プロのトレーナーがマンツーマンで筋トレ指導・食事指導を行うため、最後まで続けやすい環境下でダイエットに励めます。どうぞお気軽に無料カウンセリングにお越しください。

筋トレ中のおやつには、カカオの含有量が多いチョコレートがおすすめです。目安としては、カカオが82%以上含まれているチョコレートを選ぶのが吉。パッケージや商品説明欄に目を通し、高カカオかどうかを必ず確認しましょう。このほか、低糖質・高タンパク質なチーズもおやつに最適です。

一口に筋トレといっても、取り組む動機は人によって様々でしょう。「筋力を高めてメリハリのある体を手に入れたい」という人もいれば、「しなやかなで持久力のある体を手に入れたい」という人もいるはずです。

筋トレの効果は、食事内容で大きく変わります。筋トレと食べ物の関係を理解したうえで、必要な栄養素を過不足なく摂取するようにしましょう。また、食事を摂るタイミングも重要です。食事内容とトレーニングのスケジュールを組み立てて、計画的に行いましょう。

あとは、筋トレをする人としない日で食事量を変えることも無駄な脂肪をつけないためには必須になり、トレーニング後のプロテインは筋肥大に絶好のチャンスなので逃さないようにしましょう。

通常であれば必要摂取量は少ないですが、筋トレ中の人は筋肉と体力の回復のためより多くのビタミンやミネラルが必要です。食事でしか摂れないものも多いので、積極的に献立に取り入れましょう。

筋トレをする上でもダイエットをする上でも何かと悪者にされやすい炭水化物。

また、ボディメイク中は栄養補給と筋トレでつけた筋肉を落とさないことが肝心です。脂肪を燃やす減量期から基礎代謝を保つ筋肉向上期、作りあげたカラダを維持するスタイルキープ期の3つのステージに分けて正しい食事の知識をサポートします。全期間を通じて「正しく食べる」知識が身につくように導いてくれるため、ダイエット後も食事の知識を活かしてリバウンドの予防が図れます。

このように、頑張って筋トレをしているけれど、効果的な食事の内容やタイミングがわからず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

詳しくはこちら「プロテインで筋トレ効果アップ!仕組みやおすすめの摂取方法」

-ファッション, 筋トレ・健康法
-,