ダイエット ファッション

ダイエット中に誘惑に負けない方法とは? この3つを守ればダイエットは成功する

ダイエットをしていると、誘惑に負けそうなことがありますよね?

しかし、今回紹介する3つの方法を実践すれば、ダイエット中の誘惑に勝ってゆけます。

ぜひ、ダイエットの誘惑に勝っていって、理想体型に近づいてゆきましょう。

<方法1>「誘惑の代わりになるもの」を用意する

ダイエット中に誘惑されると、食べたい気持ちが一気に強くなりますよね。

誘惑に負けて暴飲暴食などしようものなら、一気に太ってしまうわけです。

「誘惑の代わりになるもの」を用意すれば、食べたい気持ちを抑えることができます。

ぜひ、「誘惑の代わりになるもの」を用意して、体重を落としてゆきましょう。

◇誘惑の代わりになるもの=低カロリーの食べ物?

誘惑に負けそうなときというのは、「空腹時」ですよね?

やはり、空腹時に美味しそうな料理なんかを見ると…

「食べたい」という気持ちが働いて、誘惑に負けそうになるはずです。

このような誘惑に負けそうなときは、低カロリーのものを食べてみてください。

例えば、クッキー1枚でも口に入れれば、意外とお腹が満たされるものですよ。

ひいては、「食べたい」という気持ちが低下して、誘惑に勝ってゆくことができるのです。

◇水を飲むだけでも空腹感は紛れる

水を飲むだけでも、空腹感を紛らわすことができます。

そのため、誘惑に負けそうなときには、水を飲むのもアリでしょう。

ただし、ジュースなどをガブガブ飲むと、太る原因になってしまいます。(糖分が含まれているため)

そのため、誘惑に負けそうなときに飲むものは…

水や茶などノンカロリーのものにしてください。

◇他事をするのもアリ

「誘惑の代わりになるもの」を用意すれば、誘惑を抑えることができるわけです。

まさに、「低カロリーのもの」「水」などを口にすれば、誘惑に勝つことができます。

ただ、そんな「誘惑の代わりになるもの」は、口に入れるものだけではないんですよね。

例えば、何かに集中することができれば、食べたい気持ちが和らぐかもしれません。

  • ふらっと外出してみる
  • テレビを見る
  • 音楽を聴く

といった感じに、他事に集中することでも、誘惑に勝てるかもしれないのです。

ぜひ、食べたい気持ちが強くなったら、他事をすることも考えてみてください。

◇いっそのこと寝てしまうのもいい

また、食べたい気持ちが強くなったら、割りきって寝てしまうのもいいでしょう。

特に、「夜食を食べたくて仕方ないとき」なんかは、寝てしまったほうが楽なはずです。

寝ることさえできれば、空腹を感じずに済みますからね。

例えば、先述したように水を飲んで空腹感を紛らわせて、そのまま寝てしまえば…

ストレスなく朝を迎えることができるはずです。

<方法2>「誘惑の原因」を避ける

「誘惑」があるからこそ、ダイエットは失敗しやすいわけです。

つまり、「誘惑がない状況」を作ることができれば、簡単にダイエットは成功します。

もちろん、現代に生きる以上は、「誘惑がない状況」を作ることはできません。

しかし、「誘惑の原因」を避けることはできるでしょう。

もちろん、「誘惑の原因」を避けることができれば、ダイエットは成功しやすくなりますよ。

◇誘惑が多いところには行かないように

「誘惑が多そうなところ」には、なるべく行かないようにしてください。

例えば、デパートの服売り場に行ったとします。

帰りにデパ地下に寄った場合、「誘惑の宝庫」に入ったようなものですよね。

これでは、誘惑に負けてしまって、美味しいものを買ってしまうかもしれないわけです。

このような事態を避けるためにも、誘惑が多いところには行かないことが大切です。

例えば、デパートの服売り場に行った後は…

1階から出ればデパ地下には寄らずに済みますからね。

このように、誘惑が多いところに行かないことが…

誘惑に勝つことにつながってくるのです。

◇家のお菓子などを少なくする

外には誘惑してくるものがたくさんあります。

しかし、家の中にも、誘惑してくるものがあるかもしれません

  • お菓子
  • スイーツ
  • カップ麺

など、「簡単に食べられる高カロリーなもの」が家にある場合は要注意ですね。

当然ですが、誘惑してくるものがあって、それを食べてしまうと、太る原因になるわけです。

だからこそ、家のお菓子を少なくするなどして…

なるべく「家の中の誘惑」からも逃げてゆくことが大切です。

もちろん、ダイエットをするとは言え、ときにはお菓子などを食べることもあるでしょう。

しかし、わざわざお菓子などを買いだめしておく必要はありませんからね。

「今日はお菓子を食べるんだ」と思ったら、そのときに買いに行けばいいわけです。

ぜひ、なるべく家には誘惑するものを置かないように、心がけてゆきましょう。

◇料理動画などは夜中には見ないで!

料理映像を見るだけでも、お腹が空くことがありますよね。

例えば、料理動画なんかを見てしまうと、「あ~食べたい」となるかもしれません。

つまり、料理動画なども、「誘惑の原因」になるわけです。

また、料理番組や料理雑誌なんかも、誘惑の原因になるかもしれませんね。

ぜひ、夜中など「今は食べることができない」というときには…

なるべく料理動画などを見ないようにしてください。

<方法3>心を楽にする

ダイエットをする以上は、誘惑が敵になるわけです。

しかし、「食べてはいけない!!!」と力んでしまうのは逆効果ですよ。

ぜひ、気持ちを楽にして、ダイエットをしてゆきましょう。

◇1日400カロリー程度なら、好きな料理を食べていい

誘惑に負けて暴飲暴食をしてしまったら、太ってしまいやすいですよね。

一方で、「好きな料理を少しだけ食べる」なら、そこまで太る原因にはなりません。

美しいモデルだって、ときには好きなものを食べていますからね。

まさに、「好きな料理を少しだけ食べる」なら、スリム体型の維持も可能なのです。

だいたい1日400カロリー程度なら、好きな料理を食べても太りにくいですよ。

ちなみに、コンビニスイーツの多くは、400カロリー弱になります。

つまり、ダイエットをしていても、1日1個のコンビニスイーツなら食べられるわけです。

「毎日のようにコンビニスイーツを食べられる」と思えれば…

食事制限は楽になりますし、気持ちも軽くなるはずです。

◇週1日は暴飲暴食をする

1日400カロリー程度なら、好きな料理を食べてもいいわけです。

ただ、「400カロリー以上の美味しいもの」だって、とてもたくさんありますよね。

ぜひ、週1日はチートデイとして、暴飲暴食をしてください。

1000カロリーに迫るようなラーメンだって、チートデイのときなら食べて問題ありません。

週1日ほど暴飲暴食したところで、太る原因にはなりにくいですからね。

「週1日で好きなものを食べられる」と思えれば…

さらに食事制限も気持ちも楽になるはずです。

◇誘惑に負けても「明日から頑張ればいい」と思おう

ダイエットをするにあたって、誘惑に負けてしまうことがあるかもしれません。

例えば、誘惑に負けてお菓子を食べて、後悔してしまうことがあるかもしれないのです。

しかし、誘惑に負けたとしても、「明日から頑張ればいい」と思うようにしてください。

誘惑に負けたところで、「今まで頑張ったダイエット」は無駄にはなりませんからね。

また明日から頑張れば、少しずつ体重を落としてゆくことができるのです。

だからこそ、たとえ誘惑に負けたとしても…

「明日から頑張ればいい」と思うようにしてください。

■最後に

「ダイエット中に誘惑に負けない方法」を提案させていただきました。

当記事で紹介したことを実践すれば、誘惑に勝ってゆくことができます。

ぜひ、上手く誘惑の対処をして、ダイエットを頑張ってゆきましょう。

-ダイエット, ファッション