ダイエット ファッション

ダイエットで筋トレに取組む。けど、三日坊主にならない方法とは?~楽だけど痩せることができる~

「ダイエットで筋トレしたいけど、三日坊主にならないか心配だ」と悩んでいませんか?

私自身、飽き性な性格なのですが、筋トレは6年ほど続いています。

そこで今回は「ダイエットの筋トレで三日坊主にならない方法」を提案させていただきます。

<方法1>「激しい筋トレは必要ないこと」を理解する

なぜ、「ダイエットには筋トレがいい」と言われるのでしょうか?

実は、筋肉量が増えると、基礎代謝が上がるんですよね。

そして、基礎代謝が上がると、エネルギー消費をしやすくなります。

だからこそ、「ダイエットには筋トレがいい」と考えることができるんですね。

つまり、ダイエットのための筋トレにおいては…

「筋肉量を増やして基礎代謝を上げること」が目的になってきます。

アスリートとしての活躍を目指すのなら、苦しい筋トレをしなければいけません。

しかし、あなたの筋トレの目的は、「筋肉量を増やして基礎代謝を上げること」なわけです。

そのため、多くの人がイメージするような、苦しい筋トレをする必要はないのです。

例えば、「プランク」「レッグレイズ」「スクワット」を行うだけでも…

充分に効果的なダイエットにつながりますよ。

ぜひ、ダイエットをするにあたっては…

「激しい筋トレは必要がないこと」を理解しておきましょう。

<方法2>少しずつ負荷を高めてゆく

ダイエットをするにあたって、激しい筋トレをする必要はないわけです。

ただ、いわゆる軽い筋トレであっても、「しんどい」と感じてしまうかもしれません。

特に、全く運動習慣がない場合は、少しの筋トレでも「しんどい」と感じることでしょう。

「しんどい」と感じてしまったら、三日坊主になってしまうかもしれません。

だからこそ、たとえ軽い筋トレをするとしても、少しずつ負荷を高めるようにしてください。

例えば、「スクワットを30回したいな~」と思っているとします。

しかし、「スクワット30回はしんどい」と感じたら、三日坊主になるかもしれません。

この場合、まずは「スクワット10回」でいいので、とにかく軽い負荷をこなしましょう。

そして、「スクワット10回」に慣れてきたら…

「11回」「12回」「13回」と少しずつ負荷を高めてゆくのです。

このように少しずつ負荷を高めることで…

「スクワット30回」にたどり着くことができるのです。

少しずつ負荷を高めてゆけば、「しんどさ」は感じにくいですからね。

そのため、筋トレが三日坊主になることはなくなりますよ。

<方法3>自宅で筋トレをする

「筋トレ=ジムでするもの」と考えている人は多いものです。

そのため、「ダイエットのために筋トレを始めよう」と思って…

軽い気持ちでジムの利用登録をしてしまいがちなんですよね。

しかし、「ジムで筋トレをする」というのは、想像以上に面倒かもしれませんよ。

  • 往復に時間がかかる
  • ボロボロなウェアでは行けない
  • 周りの人に気遣いしないといけない

といった感じに、ジムに通うと面倒になりがちなのです。

また、ジムに通うとお金がかかるため、金銭的負担も大きくなってしまいます。

ジムに通うということは、「面倒」「金銭的負担」というリスクが伴ってくるわけです。

そのため、「やっぱり筋トレはいいや」といった感じに…

三日坊主になってしまうかもしれませんよ。

自宅で筋トレをすれば、「ジムのような面倒さ」を感じることはありません。

また、自宅で筋トレをすれば、「利用料」もかからないわけです。

そのため、自宅で筋トレをしたほうが、続きやすかったりするものですよ。

<方法4>筋トレ専用の部屋を作る

誘惑をするものがあると、筋トレをする気が起きなくなるかもしれません。

例えば、ベッドがある部屋で筋トレをするとします。

この場合、筋トレをしようとは思っても、目の前にはベッドがあるわけです。

そのため、「少しベッドでスマホをいじってから筋トレしよう」となるかもしれませんね。

そして、ベッドで寝落ちしてしまったら、もう筋トレをする気力はなくなることでしょう。

一方で、筋トレ専用の部屋があったら、どうなるでしょうか?

誘惑するものがないため、「もう筋トレするしかない」という気持ちになれますよね。

このように、「筋トレをしたくなる環境作り」も、三日坊主にならないためには重要ですよ。

<方法5>筋トレする時間を決める

筋トレする時間を決めておかないと、後回しにしてしまいがちです。

そして、後回しにすると夜遅くになってしまい…

「今日の筋トレはやめよう」なんて思ってしまったりするのです。

これでは、筋トレを継続するのは難しいため、三日坊主になってしまうのが落ちなのです。

ぜひ、筋トレする時間を決めてください。

例えば、「夕食前に筋トレをする」といった感じに、筋トレする時間を決めるのです。

筋トレする時間を決めれば、筋トレを後回しにすることはなくなりますよね。

そのため、「筋トレが三日坊主になる」ということにはなりにくいはずです。

<方法6>様々なメニューを試してみる

同じメニューの筋トレを続けていると、飽きてしまうかもしれません。

やはり、様々なメニューの筋トレを試すことも、三日坊主を防ぐうえでは重要でしょう。

ちなみに、同じメニューでもフォームを変えれば、飽きを防ぐことができますよ。

例えば、「スクワット」という1つのメニューでも…

「お尻をどこまで下げるか」「脚の幅」などで、利き方が全く異なってきますからね。

このように、筋トレに変化を与えることも、三日坊主を防ぐコツになってくるのです。

<方法7>筋トレ前は「テンションが上がる曲」を聴く

筋トレをする気が起きないときは、「テンションが上がる曲」を聴いてみてください。

「テンションが上がる曲」を聴くと、筋トレのやる気が出てくるかもしれません。

また、少し時間があるのなら、筋トレ前に「テンションの上がる動画」を見てもいいですね。

例えば、ボクシングが好きであるとします。

この場合は、「好きなボクサーの試合動画」なんかを見てみてはどうでしょうか?

おそらく、「この人も頑張ってるから、自分も頑張ろう」という気持ちになれるはずです。

また、「自分の筋トレは、この人の試合ほど辛くない」と気楽にもなれるはずです。

ぜひ、筋トレをする気が起きないときは、曲や動画を活用してゆきましょう。

<方法8>「辛い日」は休む

真面目な人だと、辛い日も筋トレをやろうとしがちです。

しかし、辛い日に筋トレをしたら、心身に大きな負担がかかるかもしれません。

例えば、風邪の日に無理して筋トレをしたら、さらに体調が悪化するかもしれませんよね。

何日か筋トレを休んだところで、ダイエットが失敗したわけではありません。

体調がよくなってから筋トレをすれば、再びダイエット効果が期待できるのです。

だからこそ、辛い日は「筋トレを休む」という勇気を持つようにしてください。

「辛いときは筋トレを休んでもいい」と思えれば…

心が楽になるため、筋トレは続きやすくなりますよ。

<方法9>週1日は完全休養日にする

毎日のように筋トレをしていると、嫌になってくるかもしれません。

やはり、いくらダイエットのためとは言え、筋トレを定期的に休むことも重要です。

最低でも週1日は筋トレを休むようにしてください。

そして、筋トレを休む日は、「完全に筋トレから離れること」を意識してください。

このように、けじめをつけてシッカリと休むことも…

三日坊主にならないためには重要なのです。

最後に

「ダイエットの筋トレで三日坊主にならない方法」を提案させていただきました。

心持ちや工夫次第で、筋トレは続きやすくなるわけです。

だからこそ、気持ちを楽にして、筋トレにトライしてゆきましょう。

-ダイエット, ファッション
-, ,